スマートデバイスニュース

スマートデバイスニュースはIT・家電等の電子機器まとめサイトです。
豊富な情報を毎日更新しています。

    タグ:Apple



    1 ばーど ★ :2020/01/31(金) 13:56:33 ID:hvttRO4T9.net

    去年1年間の世界のスマートフォンの出荷台数は、中国での買い控えが続いたことなどから前の年と比べて2%余り減少しました。メーカー別では、韓国のサムスン電子が首位を守りましたが、中国のファーウェイがアメリカのアップルを抜いて世界シェア2位に浮上しました。

    アメリカの調査会社IDCによりますと、去年1年間に世界で出荷されたスマートフォンの台数は合わせて13億7100万台で、前の年に比べて2%余り減りました。

    これは、最大の市場である中国で、消費者が、次世代の通信規格5Gに対応した機種の価格が下がるまで買い替えを控えていることなどが要因だということです。

    メーカー別のシェアをみますと、
    ▽韓国のサムスン電子が21.6%で首位を守りましたが、
    ▽中国のファーウェイが17.6%で2位、
    ▽アメリカのアップルが13.9%で3位となり、2位と3位が入れ代わりました。

    さらに
    ▽中国のシャオミが9.2%で4位、
    ▽中国のOPPOが8.3%で5位でした。

    IDCは去年、ことしの世界の出荷台数について、5G対応機種の普及によって増加に転じるという見通しを示しましたが、今回は、中国での新型のコロナウイルスの感染拡大が各社の部品の供給網に影響を与える可能性があり、リスク要因になると指摘しています。

    2020年1月31日 13時16分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200131/k10012267131000.html?utm_int=news-ranking_social_list-items_010

    (出典 www3.nhk.or.jp)


    【2019年のスマホ出荷台数、HuaweiがAppleを抜き世界2位に。首位はサムスン。】の続きを読む



    (出典 i.ytimg.com)



    1 風吹けば名無し :2020/01/31(金) 11:09:09 ID:TbdO4Ogg0.net

     フランスの情報サイト「iPhonesoft」は、Appleの次期モバイルOS「iOS 14」では現行のiOS13のサポート機種がそのまま継続されると伝えています。情報源はAppleのエンジニアで、マップアプリを開発している人物。

     それによるとiOS 14のサポート対象は以下のとおり。そのままですね。

    iPhone 11 Pro Max
    iPhone 11 Pro
    iPhone XR
    iPhone XS max
    iPhone XS
    iPhone X
    iPhone 8 Plus
    iPhone 8
    iPhone 7 Plus
    iPhone 7
    iPhone 6s Plus
    iPhone 6s
    iPhone SE

    https://smhn.info/202001-ios-14-rumors


    【Appleの次期モバイルOS「ios14」のサポート機種がリーク。現行のios13機種は全て対応に。】の続きを読む



    (出典 assets.media-platform.com)



    1 風吹けば名無し :2020/01/30(Thu) 17:53:18 ID:iOFtArZa0.net

    先月、Kuo氏は2021年の早い時期に「iPhone SE2 Plus」がリリースされ、顔認証のFace IDは搭載されず、Touch IDは側面の電源ボタンに統合されると予測しています。
    そしてフルスクリーンデザイン(前面にホームボタンがない設計)を採用して画面サイズは5.5インチないし6.1インチとなり、さらにFace IDがない(つまりTrueDepthカメラがない)ため、画面上部のノッチ領域は小さくなるとも述べていました。

    https://japanese.engadget.com/jp-2020-01-29-2021-iphone-se2-plus-touch-id.html


    【Apple、「iPhone SE2 Plus」を発売か。著名アナリストが予測。】の続きを読む



    (出典 assets.media-platform.com)



    1 ムヒタ ★ :2020/01/30(木) 08:50:04.51 ID:CAP_USER.net

     著名なAppleアナリストであるMing-Chi Kuo氏の最新予測によると、Appleが新しい「iPhone」、「iPad Pro」、「MacBook Pro」または「MacBook Air」(あるいはその両方)の新型モデルを2020年上半期にリリースする予定だという。またKuo氏の予測では、ハイエンドのBluetoothヘッドホン、より小型のワイヤレス充電マット、そしてかなり以前からうわさになっているウルトラワイドバンド(UWB)を利用したトラッキングタグもリリースされるとMacRumorsが伝えている。

     Kuo氏の予測は、うわさされるAppleの製品リリースに関する他の報道とほぼ一致している。そのうち、新しいiPhoneは「iPhone 8」に似た外観の低価格版で、4.7インチの液晶画面と「TouchID」ホームボタンを備えつつ、より高速な「A13」チップと3GBのRAMを搭載すると、Kuo氏は予測している。また、iPad Proの新型モデルは、AR(拡張現実)製品向けに3D認識をサポートするトリプルレンズカメラを背面に搭載し、Kuo氏によると、3月にも発表される見込みだという。

     いっぽう、MacBookについては、新モデルがリリースされるのが、MacBook Proなのか、MacBook Airなのか、あるいは両方なのかはKuo氏の予測メモでははっきりしていない。これに関し、米CNETを含む他の報道機関はこれまで、MacBook Proがリリースされると報じてきた。またBluetoothヘッドホンや充電マットについても、Kuo氏から新たな詳細情報は出ていない。
    2020年01月30日 08時00分
    https://japan.cnet.com/article/35148671/


    【Apple、2020年前半に低価格版「iPhone」や新型「iPad」「Macbook Pro」を発売か】の続きを読む



    (出典 mobilelaby.net)



    1 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2020/01/30(Thu) 12:21:32 ID:ViOcXx/QM.net

    https://iphone-mania.jp/news-272816/


    米メディアMacRumorsが入手した、クオ氏が投資家向けに配布した調査メモには、
    「Appleが2020年上半期に発表する主要ハードウェアには、4.7インチ液晶iPhone、iPad Pro、MacBook Pro/Air、小型のワイヤレス充電マット、超広帯域(UWB)タグ、ハイエンドBluetoothヘッドフォンが含まれる」
    と記されていました。


    【Apple、小型ワイヤレス充電マットを発売か。投資家向けメモからリーク。】の続きを読む

    このページのトップヘ