スマートデバイスニュース

スマートデバイスニュースはIT・家電等の電子機器まとめサイトです。
豊富な情報を毎日更新しています。

    タグ:6G



    1 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2020/01/23(Thu) 16:45:51 ID:3YiM7A0tM.net

    ドコモ、5Gの次世代「6G」のコンセプト公開 
    「5Gの10倍」「複数要素の同時実現」「宇宙までのカバレッジ拡大」など

    (出典 image.itmedia.co.jp)


    (出典 image.itmedia.co.jp)


    (出典 image.itmedia.co.jp)


    (出典 image.itmedia.co.jp)

    無線信号による充電でIoT機器のバッテリー切れもなくなる

    (出典 image.itmedia.co.jp)



    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2001/22/news096.html


    【ドコモの6Gが凄い!100Gbps通信・高圧電磁波ワイヤレス充電・GPSは誤差10cm。】の続きを読む



    (出典 s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)



    1 雪子姫 ★ :2020/01/19(日) 01:42:54.31

    国内で春に商用化する通信規格「5G」の次世代をにらんだ各国の競争が始まった。
    日本は2030年をめどに5Gの10倍以上の速度を実現するといったポスト5G(6G)の総合戦略を官民でつくる方針で、中韓やフィンランドも研究や投資に着手した。

    通信は規格に関わる特許を持つと、機器やソフトの販売で巨額の利益が出る。
    5Gで遅れた日本は巻き返しに動く。

    総務省は月内に、東大の五神真学長を座長とし高市早苗総務相が直…

    続きはソースで
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO54573820Y0A110C2MM8000/


    【ドコモ、5Gの次世代「6G」を20230年に実用化へ。速度10倍など総合戦略を官民で作る方針へ。】の続きを読む



    (出典 www.nttdocomo.co.jp)



    1 ヨーロッパヤマネコ(北海道) [US] :2020/01/24(金) 17:55:46 BE:422186189-PLT ID:2eSQcXrK0.net

    sssp://img.5ch.net/ico/folder1_03.gif
    まだ国内では商用化すら始まっていない次世代移動通信「5G」なのですが、NTTドコモはその次の世代の通信規格「6G」の構想を発表しました。
    6Gで一体、どんな未来が訪れるのでしょうか。

    いよいよ春から商用化がスタートする次世代移動通信「5G」。
    都内では、NTTドコモが最新の技術やサービスの展示会をしています。
    人の話し方を再現できる技術「フェイスシェアリング」は、外国語の練習や言語障害のリハビリなどの活用が検討されているそうです。

    すでに5Gは韓国やアメリカでは商用化が始まっています。
    新たな時代の到来を象徴するテクノロジーとして注目を集めていますが、そんななか、22日にドコモから発表されたのが「5Gの高度化と6G」。
    まだ国内で5Gすら始まっていないのに、その次の6Gの構想が発表。
    一体、どういうことなのか担当者に聞きました。

    NTTドコモ執行役員・中村武宏さん:「
    5Gの性能をもっと飛躍的に上げる。より高速、より低遅延になる。
    人がいないところでも使えるようにする。新たなビジネスが生まれるのでないか」

    担当者によりますと、ドコモが掲げる6Gは5Gの特徴である「高速」「低遅延」「大容量」を進化させただけでなく、新たに「超カバレッジ拡張」や「超低消費電力・低コスト化」などが特徴だといいます。
    何やら難しい単語が出てきましたが、6Gの未来を見てみると、その通信速度は5Gの10倍の毎秒100ギガビット以上。
    VR(仮想現実)やAR(拡張現実)は、もはや現実世界との区別がつかないレベルになります。

    そして、超カバレッジ拡張とは地上以外のネットワーク環境が飛躍的に広がること。
    つまり、高度1万メートルの上空や海上、さらには宇宙環境までありとあらゆるところまで電波がカバーできるようになるそうです。

    そんな未来では、すべての端末が自動でワイヤレス充電に。
    「お父さんの時代ってスマホは自分でコードをさして充電してたの?」と令和生まれの子どもたちから言われてしまう日もそう遠くないかもしれません。

    しかし、5Gの商用化もまだなのになぜドコモは6Gの構想を発表したのでしょうか。

    NTTドコモ執行役員・中村武宏さん:「過去と比較すると、かなり早いタイミングで次の世代の話をしている。

    https://monobook.org/wiki/Youtu.be/3gEvmDToymo


    【ドコモ、5Gの次世代「6G」発表。基地局からの超マイクロ波でスマホ充電が充電不要に。】の続きを読む



    (出典 innovation.mufg.jp)



    1 牛丼ねこ ★ [CN] :2020/01/22(水) 17:40:55.88 ID:CAP_USER9.net

    NTTドコモは1月22日、2030年頃のサービス提供開始を目指し、第6世代移動通信システム(6G)に関するホワイトペーパーを公開した。

    同社は2018年から5Gの高度化(5G evolution)と6Gに向けた検討と研究開発を進めており、ホワイトペーパーには5Gの高度化と6Gにより期待されるさまざまなユースケース、目標性能、技術要素などの技術コンセプトがまとめられている。

    同社は2010年頃から5Gの検討を開始。6Gに向けて、2018年にはさらなる高周波数帯の開拓を目的とした150GHz帯の超広帯域電波伝搬測定装置の開発に成功し、100GHz超の高い周波数帯の活用を視野に入れた、新たな周波数帯の開拓に向けた研究開発に取り組んでいる。

    6Gの実現に向け、高速・大容量や低遅延などの要求条件を同時に実現する「複数要求条件の同時実現」、テラヘルツ波などの「新たな高周波数帯の開拓」、これまでの移動通信方式では十分なエリア化が難しかった「空・海・宇宙などへの通信エリアの拡大」、「超低消費電力・低コストの通信実現」などを目指すとしている。
    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/17701133/


    【NTTドコモ、第6世代移動通信システム(6G)に関するホワイトペーパーを公開。2030年頃のサービス提供開始を目指す。】の続きを読む



    (出典 telecoms.com)



    1 雪子姫 ★ :2020/01/19(日) 01:42:54 ID:MmUeLNL+9.net

    国内で春に商用化する通信規格「5G」の次世代をにらんだ各国の競争が始まった。
    日本は2030年をめどに5Gの10倍以上の速度を実現するといったポスト5G(6G)の総合戦略を官民でつくる方針で、中韓やフィンランドも研究や投資に着手した。

    通信は規格に関わる特許を持つと、機器やソフトの販売で巨額の利益が出る。
    5Gで遅れた日本は巻き返しに動く。

    総務省は月内に、東大の五神真学長を座長とし高市早苗総務相が直…

    続きはソースで
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO54573820Y0A110C2MM8000/


    【日本、次世代通信5Gの更に次世代「6G」で巻き返しに動く。5Gの10倍以上を目指し総合戦略を官民でつくる方針へ。】の続きを読む

    このページのトップヘ