スマートデバイスニュース

スマートデバイスニュースはIT・家電等の電子機器まとめサイトです。
豊富な情報を毎日更新しています。

    タグ:5G



    (出典 gadgets.evolves.biz)



    1 ムヒタ ★ :2020/01/24(金) 06:14:59 ID:CAP_USER.net

    【ロンドン=佐竹実】ロイター通信は23日、英政府が次世代通信「5G」で中国の通信機器大手華為技術(ファーウェイ)の製品を使うことを限定的に認める方針だと報じた。来週開く国家安全保障会議で正式に決める見通し。基地局など一部に限り認めるとみられる。米国は安全保障上の理由で同社製品の完全排除を同盟国に求めているが、これに応じないことになる。

    英国の通信会社はすでに、ファーウェイ製品をアンテナなど基地局の一部に使っている。もし完全な排除となれば交換コストがかさむため、通信会社は排除しないよう英政府に働きかけていた。中核ネットワークではなく基地局などに限ることで、情報漏洩などのリスクに対応できると英政府が判断した可能性がある。

    情報漏洩などのリスクがあるとする米国の主張を、ファーウェイは一貫して否定している。同社製品はコスト面だけでなく性能の評価も高く、英国をはじめとする欧州では携帯通信のネットワークに組み込まれている。ドイツ政府は2019年10月に公表した5Gの安全基準案で、同社製品の排除はせずに容認する姿勢を示している。

    英国は、米国と機密情報を共有する5カ国「ファイブアイズ」の1つだ。ファーウェイの完全排除を同盟国に求める米国はこれまで、情報共有を止める可能性もちらつかせて英国に圧力をかけている。英国が容認すれば欧州を含む他の国にも影響を与えかねないとの懸念があるためだ。

    英国は欧州連合(EU)離脱後、米国との通商交渉を優先課題の一つにしているが、ファーウェイを巡る立場の違いが交渉に影響を与える可能性も捨てきれない。
    2020/1/24 3:06
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO54780560U0A120C2000000/


    【英政府、5Gの通信機器にHuasei製品の使用を限定容認へ。ロイター通信が報道。】の続きを読む



    (出典 s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)



    1 雪子姫 ★ :2020/01/19(日) 01:42:54.31

    国内で春に商用化する通信規格「5G」の次世代をにらんだ各国の競争が始まった。
    日本は2030年をめどに5Gの10倍以上の速度を実現するといったポスト5G(6G)の総合戦略を官民でつくる方針で、中韓やフィンランドも研究や投資に着手した。

    通信は規格に関わる特許を持つと、機器やソフトの販売で巨額の利益が出る。
    5Gで遅れた日本は巻き返しに動く。

    総務省は月内に、東大の五神真学長を座長とし高市早苗総務相が直…

    続きはソースで
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO54573820Y0A110C2MM8000/


    【ドコモ、5Gの次世代「6G」を20230年に実用化へ。速度10倍など総合戦略を官民で作る方針へ。】の続きを読む



    (出典 www.nttdocomo.co.jp)



    1 ヨーロッパヤマネコ(北海道) [US] :2020/01/24(金) 17:55:46 BE:422186189-PLT ID:2eSQcXrK0.net

    sssp://img.5ch.net/ico/folder1_03.gif
    まだ国内では商用化すら始まっていない次世代移動通信「5G」なのですが、NTTドコモはその次の世代の通信規格「6G」の構想を発表しました。
    6Gで一体、どんな未来が訪れるのでしょうか。

    いよいよ春から商用化がスタートする次世代移動通信「5G」。
    都内では、NTTドコモが最新の技術やサービスの展示会をしています。
    人の話し方を再現できる技術「フェイスシェアリング」は、外国語の練習や言語障害のリハビリなどの活用が検討されているそうです。

    すでに5Gは韓国やアメリカでは商用化が始まっています。
    新たな時代の到来を象徴するテクノロジーとして注目を集めていますが、そんななか、22日にドコモから発表されたのが「5Gの高度化と6G」。
    まだ国内で5Gすら始まっていないのに、その次の6Gの構想が発表。
    一体、どういうことなのか担当者に聞きました。

    NTTドコモ執行役員・中村武宏さん:「
    5Gの性能をもっと飛躍的に上げる。より高速、より低遅延になる。
    人がいないところでも使えるようにする。新たなビジネスが生まれるのでないか」

    担当者によりますと、ドコモが掲げる6Gは5Gの特徴である「高速」「低遅延」「大容量」を進化させただけでなく、新たに「超カバレッジ拡張」や「超低消費電力・低コスト化」などが特徴だといいます。
    何やら難しい単語が出てきましたが、6Gの未来を見てみると、その通信速度は5Gの10倍の毎秒100ギガビット以上。
    VR(仮想現実)やAR(拡張現実)は、もはや現実世界との区別がつかないレベルになります。

    そして、超カバレッジ拡張とは地上以外のネットワーク環境が飛躍的に広がること。
    つまり、高度1万メートルの上空や海上、さらには宇宙環境までありとあらゆるところまで電波がカバーできるようになるそうです。

    そんな未来では、すべての端末が自動でワイヤレス充電に。
    「お父さんの時代ってスマホは自分でコードをさして充電してたの?」と令和生まれの子どもたちから言われてしまう日もそう遠くないかもしれません。

    しかし、5Gの商用化もまだなのになぜドコモは6Gの構想を発表したのでしょうか。

    NTTドコモ執行役員・中村武宏さん:「過去と比較すると、かなり早いタイミングで次の世代の話をしている。

    https://monobook.org/wiki/Youtu.be/3gEvmDToymo


    【ドコモ、5Gの次世代「6G」発表。基地局からの超マイクロ波でスマホ充電が充電不要に。】の続きを読む



    (出典 www.kanematsu.co.jp)



    1 ムヒタ ★ :2020/01/24(金) 13:45:23.81 ID:CAP_USER.net

    半導体業界の復調が鮮明になってきた。次世代通信網「5G」が想定を上回る速度で普及し、高速大容量通信を支える幅広い半導体の需要を底上げするためだ。高性能品を供給する韓国サムスン電子や台湾積体電路製造(TSMC)、米クアルコムなど世界大手の株価は軒並み最高値圏で推移。増産に伴う設備投資も復調傾向で装置や素材など半導体産業全体に強い追い風が吹いている。

    「2020年も売上高の記録更新を期待している」。…
    2020/1/24 13:32
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO54790000U0A120C2EA2000/


    【半導体業界の復調が鮮明に。5Gが予想を上回る速度で普及し半導体の需要を底上げ。】の続きを読む



    (出典 www.4gamer.net)



    1 みつを ★ :2020/01/22(水) 03:11:00 ID:SDFhqrkf9.net

    https://japanese.engadget.com/jp-2020-01-21-soc-snapdragon-720g-662-460-4g.html?2


    クアルコム、モバイル向けSoCのSnapdragon 720G/662/460発表。4G端末の性能底上げ
    5Gには対応していません

    塚本直樹(Naoki Tsukamoto)
    9時間前 in smartphone
    2020/01/21


    米クアルコムはニューデリーで開催されたプレスイベントにて、モバイル向けプロセッサ「Snapdragon 720G」「Snapdragon 662」「Snapdragon 460」を発表しました。

    3つのプロセッサは高速な4G通信や、高速Wi-Fi規格の「Wi-Fi 6」、Bluetooth 5.1への対応が特徴です。さらにインドの測位衛星「NavIC」からの位置情報の取得も可能となっています。

    そして最上位に位置するSnapdragon 720Gは最大2.3GHz駆動の8コアCPUを搭載したプロセッサで、ハードウェアとソフトウェアをゲーム向けに最適化した「Snapdragon Elite Gaming」に対応しています。これにより、スムーズなHDRでのゲーム体験が実現されています。

    また、2520 x 1080ドットでの高リフレッシュレートでのディスプレイ駆動や、最大1億9200万画素センサー/4K解像度での動画録画にも対応しています。さらにX15 LTEモデムを内蔵することで、最大下り速度800Mbpsでの通信が可能です。内部には、AI処理を担当するHexagon 692 DSPが搭載されています。

    Snapdragon 662は、最大2GHz駆動の8コアを搭載したプロセッサ。Spectra 340Tを搭載することで3カメラへの対応と、カメラのスムーズな切り替えが可能です。また、圧縮性能に優れるHEIFフォーマットにも対応しています。通信機能としてはX11 LTEモデムを内蔵することで、下り最大390Mbpsでの通信が可能です。

    Snapdragon 460は前世代の4シリーズプロセッサからCPUとGPUを刷新することで、それぞれ最大70%/60%性能が向上し、システム全体では2倍の高速化を実現。また、通信機能のスペックはSnapdragon 662と同等です。

    Snapdragon 720Gの搭載端末は2020年第1四半期(1月~3月)、Snapdragon 662とSnapdragon 460の搭載端末は2020年末までに登場する予定です。2020年は5Gの本格的な展開が始まるタイミングではありますが、これらはまだまだ大きな4G対応端末への需要に応えた新プロセッサのラインナップといえそうです。


    https://o.aolcdn.com/images/dimse/5845cadfecd996e0372f/1eab6a9f73b93d33869569428b3d088c043759d2/cmVzaXplPTIwMDAlMkMyMDAwJTJDc2hyaW5rJmltYWdlX3VyaT1odHRwcyUzQSUyRiUyRnMueWltZy5jb20lMkZvcyUyRmNyZWF0ci11cGxvYWRlZC1pbWFnZXMlMkYyMDIwLTAxJTJGNmE0OTA1NzAtM2MxZC0xMWVhLWFmZGYtNTU4YmJhNmM4M2M3JmNsaWVudD1hMWFjYWMzZTFiMzI5MDkxN2Q5MiZzaWduYXR1cmU9NGU5OTk2ZDc0NWM1OGM1YzU0ZWIwODhhZDlhNjk3YTk1MzRhMTZkOA==


    【Qualcomm、新モバイル向けSoC発表。5Gには対応せず。4G端末の性能を底上げへ。】の続きを読む

    このページのトップヘ