スマートデバイスニュース

スマートデバイスニュースはIT・家電等の電子機器まとめサイトです。
豊富な情報を毎日更新しています。

    タグ:パソコン



    1 風吹けば名無し :2020/01/30(Thu) 19:25:45 ID:g8JwLDwya.net

    【動画】小中学校のパソコン1人1台 「1台27万円」のケースも|NEWSポストセブン
    https://www.news-postseven.com/archives/20200130_1534882.html


    【小中学生のパソコン1人1台。「1台27万円」のケースも。】の続きを読む



    (出典 www.dospara.co.jp)



    1 風吹けば名無し :2020/01/10(金) 06:00:00.36 ID:yntMFfrV0.net

    同製品は、CPUに新型デュアルコアプロセッサ「Intel Celeron N4000」を搭載するなど、4K画質の動画再生に十分な処理能力を備えたスティック型PC。

    無線LANは11acに準拠し、最大速度1,733Mbps(理論値)のチップを備える。5GHz帯にも対応するため、Bluetoothや電子レンジなどが発する2.4GHz帯の電波の干渉を受けにくい。

    本体には冷却ファンに加え、強度と廃熱性能が両立する「毘沙門亀甲」デザインの通気口を採用し、強度と異物の侵入を防止しながら、冷却効率を向上している。また、従来機に比べ50%以上の静音化を実現し、騒音が19.6dBに低減しているという。
    https://news.mynavi.jp/article/20190111-755154/


    【ドスパラ、4K動画が再生できるスティック型PCを発売。価格は税別26,800円から 。】の続きを読む



    1 田杉山脈 ★ :2020/01/23(木) 17:17:00.13 ID:CAP_USER.net

    VAIOは1月23日、2020年1月発売モデルとして、第10世代インテル Coreプロセッサー Uプロセッサーラインを搭載した個人向けモバイルPC「VAIO SX12」と「VAIO SX14」の2シリーズを発売すると発表した。

    両シリーズは、いずれもモバイルワークを次のステージへ進めることを目指して2019年に発表した製品。VAIO PCのラインアップの中核を担う。

     指紋認証に加え、Windows Hello対応の生体認証方式として新たに顔認証に対応した。これにより、センサー部に指を置くだけの指紋認証、内蔵カメラでユーザーの顔を自動認識する顔認証の2つの方法で瞬時にログインできるようになった。

     BIOSパスワードとして、パスワードの代わりにスマートフォンやUSBメモリーなど、普段身近にあるデバイスでの認証に初対応。強度の高い複雑なパスワードを設定しても、起動時の手間が増えない上、のぞき見されることによる漏出などのリスクも低減可能。

     さらに、高速な第3世代ハイスピードSSDの中でも、大容量の2TBがSSDの選択肢として用意された。

     また、PC作業をより速く快適に行えるように、VAIOが長年培ってきたノウハウとテクノロジーをつぎこみ、プロセッサーのパフォーマンスを極限まで引き出すVAIO独自のチューニング「VAIO TruePerformance」が施されている。

     インテル ターボ・ブースト・テクノロジー2.0対応のCPUでは、アイドル時に負荷がかかる作業を行うと、システムの放熱能力を超えた電力レベルで短期間動作することでパフォーマンスを最大限に向上させ、その後持続可能なパフォーマンスに落ち着く仕様になっている(実際の動作時はさまざまな要因により到達可能なパフォーマンスは変動)。

     そこに、独自のチューニングであるVAIO TruePerformanceを適用すると、チューニング前に比べ、持続可能なパフォーマンスをより高く保つことができるという。

     今回発売する2020年1月発売モデルにおいても、最大6コア/12スレッド駆動のハイパフォーマンスを考慮し、システムの放熱設計などについて前モデルを超える緻密なチューニングを実施した。結果、VAIO TruePerformance適用時にCore i7モデルで最大約40%の性能向上を実現した。

     なお、VAIO TruePerformanceは2018年1月に4コア(クアッドコア)の第8世代インテルCoreプロセッサーが選択可能となった際に搭載され、2019年に新機種の発表とあわせてさらなるチューニングを重ねて世代交代。VAIO TruePerformanceの効果はCPUコア数が多いほど強く発揮されることから、6コア(ヘキサコア)の追加が実現した今回の2020年1月発売モデルにおいて、3世代目として飛躍的な進化を遂げているという。

     加えて、黒のキーキャップの上に打たれる文字も黒の刻印にした、隠し刻印キーボード(日本語/英字)で「黒」と「高性能」へのこだわりを追求したプレミアムエディション「ALL BLACK EDTION」。3層コートで表現された赤い天板、磨きと染色に手間と時間をかけた赤いパームレストなど、VAIO理想の「赤」にこだわり抜いたプレミアムエディション「RED EDITION」を同時発売する。

    (出典 japan.cnet.com)


    (出典 japan.cnet.com)

    以下ソース
    https://japan.cnet.com/article/35148386/


    【VAIO、第10世代Core搭載「VAIO SX12/SX14」発表。指紋認証・SSD2TBを搭載し、プロセッサのパフォーマンスを最大限に引き出す独自チューニング仕様。】の続きを読む



    (出典 bunshun.ismcdn.jp)



    1 風吹けば名無し :2020/01/22(水) 21:14:21 ID:2lPuOBIwa.net

    安倍総理大臣は、教育再生に取り組む市町村長らと面会し、すべての小中学生にパソコンなどを配布する方針について、「人材を集めてどう活用するかがいちばん大切だ」と述べ、協力を呼びかけました。

    安倍総理大臣は22日午後、政府の教育再生の取り組みに賛同する市町村長ら、およそ30人と面会しました。

    安倍総理大臣は、すべての小中学生に1人1台のパソコンなどを配布する方針について「デジタル技術の習得だけでなく過疎地でも大都市と同じような水準の教育を受けられるようになる」などと説明しました。

    そのうえで「ハードをそろえる予算の確保と同時に、人材を集めながら、いかに活用していくかがいちばん大切だ。首長の皆さんの力によるところが大きく、力を合わせて教育の再生に結果を出していきたい」と述べ、協力を呼びかけました。
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200122/amp/k10012255161000.html


    【安倍総理、小中学生へパソコンを配布する方針について「どう活用するかが一番大切」。市町村長らに協力を呼びかける。】の続きを読む



    1 へっぽこ立て子@エリオット ★ :2020/01/15(水) 22:35:00 ID:CAP_USER.net


    (出典 ascii.jp)

     パナソニックは1月15日、レッツノート個人向けの2020年春モデルとして、新たに「SV9シリーズ」を発表。「LV8シリーズ」「QV8シリーズ」にも新色が登場した。また、Panasonic Store(パナソニック ストア)で販売されるSV9には、東京2020オリンピック・パラリンピック オリジナルデザイン天板が選べる特別モデルが用意されることも発表。

     発表会には、リオ五輪にてアジア人初のカヌー競技メダリストとなった羽根田卓也選手と、ロンドン五輪・リオ五輪で新体操競技団体の入賞に貢献した畠山愛理さんが登壇。東京2020オリンピック・パラリンピック公式パソコンとして使用されているレッツノートの魅力と、2020年への意気込みを語った。



    □第10世代インテルCoreプロセッサー搭載の「SV9」シリーズ
     12.1型ワイド液晶ディスプレーを搭載したモバイルノートPC「SV9」シリーズは、前モデル「SV8」の外観や基本性能を踏襲しつつ、CPUに「Comet Lake」と呼ばれる最新の第10世代インテルCoreプロセッサーを採用しているのが最大の特長。また、無線LANの最新規格「Wi-Fi 6」などの最新テクノロジーにも対応している。SV9シリーズには全6モデルが用意され、価格はオープン。


    (出典 ascii.jp)


     上位モデルの「CF-SV9PFNQR」は、CPUにCore i7-10510U(1.80GHz、最大4.90GHz)、512GB SSD、8GBメモリー、Windows 10 Pro 64bitという構成。駆動時間は約20時間で、本体サイズ283.5(W)×203.8(D)×24.5(H)mm、重量約1.169kgとなっている。

     また、Panasonic Store(パナソニック ストア)では、台数限定で同機種の特別モデルを用意。当該モデルは、東京2020オリンピック・パラリンピック オリジナル天板を6種類から選べるなど、今しか手に入らないレアモデルとなっている。


    (出典 ascii.jp)

    【薄月/ウスヅキ】

    (出典 ascii.jp)

    【千切り絵/チギリエ】

    (出典 ascii.jp)

    【和傘/ワガサ】

    (出典 ascii.jp)

    【彩墨/サイボク】

    (出典 ascii.jp)

    【八重麻/ヤエアサ】

    (出典 ascii.jp)

    【閃光/センコウ】
     オリジナル天板が選べる特別モデルの構成は、CPUにCore i7-10510U(1.80GHz、最大4.90GHz)、2TB+1TB SSD、16GBメモリー、Windows 10 Pro 64bit、本体カラーはブラックで、直販価格は25万9200円となっている。

    >>2 へ続く

    2020年01月15日14時00分
    週刊アスキー
    https://weekly.ascii.jp/elem/000/000/438/438729/


    【パナソニック、レッツノートの2020年春モデルのを発表。東京五輪特別仕様も。】の続きを読む

    このページのトップヘ