スマートデバイスニュース

スマートデバイスニュースはIT・家電等の電子機器まとめサイトです。
豊富な情報を毎日更新しています。

    タグ:スマートフォン



    1 ばーど ★ :2020/01/31(金) 13:56:33 ID:hvttRO4T9.net

    去年1年間の世界のスマートフォンの出荷台数は、中国での買い控えが続いたことなどから前の年と比べて2%余り減少しました。メーカー別では、韓国のサムスン電子が首位を守りましたが、中国のファーウェイがアメリカのアップルを抜いて世界シェア2位に浮上しました。

    アメリカの調査会社IDCによりますと、去年1年間に世界で出荷されたスマートフォンの台数は合わせて13億7100万台で、前の年に比べて2%余り減りました。

    これは、最大の市場である中国で、消費者が、次世代の通信規格5Gに対応した機種の価格が下がるまで買い替えを控えていることなどが要因だということです。

    メーカー別のシェアをみますと、
    ▽韓国のサムスン電子が21.6%で首位を守りましたが、
    ▽中国のファーウェイが17.6%で2位、
    ▽アメリカのアップルが13.9%で3位となり、2位と3位が入れ代わりました。

    さらに
    ▽中国のシャオミが9.2%で4位、
    ▽中国のOPPOが8.3%で5位でした。

    IDCは去年、ことしの世界の出荷台数について、5G対応機種の普及によって増加に転じるという見通しを示しましたが、今回は、中国での新型のコロナウイルスの感染拡大が各社の部品の供給網に影響を与える可能性があり、リスク要因になると指摘しています。

    2020年1月31日 13時16分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200131/k10012267131000.html?utm_int=news-ranking_social_list-items_010

    (出典 www3.nhk.or.jp)


    【2019年のスマホ出荷台数、HuaweiがAppleを抜き世界2位に。首位はサムスン。】の続きを読む



    (出典 get.pxhere.com)



    1 田杉山脈 ★ :2020/01/31(金) 21:57:01 ID:CAP_USER.net

    国税庁は1月31日、マイナンバーカード(NFC-B)の読み取りが可能なスマートフォンを利用した確定申告の電子申請に対応した。以前からアナウンスされていた機能が、予告どおり本日から利用可能になっている。

    従来はスマホでは、確定申告用の「利用者識別番号」と税務署から発行されるIDとパスワードを使うことで申請が可能だったが、今年からは利用者識別番号とマイナンバーカードで利用可能になる。なおPCについては従来同様、Windows、macOSともNFCリーダーを利用することで電子申請が可能だ。もちろん、スマートフォン、PCともウェブ上で書類を作成・出力して郵送することもできる。確定申告の電子申請に対応した端末は国税庁のウェブサイトで配布されているPDFで確認できる。iPhoneは、iPhone 7から最新のiPhone 11シリーズまでが対象で、iPhone 6以前やiPhone SEは動作対象外。またタブレット端末についても動作対象外となる。

    マイナンバーカードの読み込みが可能なiPhoneやAndroid端末で確定申告用のウェブブラウザーを起動すると、マイナポータルへのログイン認証に利用する「マイナポータルAP」、確定申告の電子申請に利用する「e-Taxアプリ」のダウンロードが促されるので、まずはこれらをダウンロードしておく。マイナポータルとは、マイナンバー関連の情報を集めた内閣府のポータルサイトで、法人設立のためのワンストップサービスや就労証明書の作成ちいったサービスも提供している。

    あとは画面に指示に従って作業を進めると、マイナポータルAPが起動する。ここでマイナンバーカード発行時に各自で設定した4ケタの「利用者証明電子証明書」を入力後、マイナンバーカードの情報の読み取り画面に切り替わる。

    カードの読み取りが完了すると再度Safariに切り替わり、マイナポータルのサイトが表示されるはずだ。ただし、このサイトはスマートフォンに最適化されておらず、操作するには画面を大幅にスクロールされる必要がある。また、マイナポータルAPアプリにマイナンバーカードを読み取らせる作業は、マイナポータルへのログイン認証、マイナンバーカードに記録されている氏名や住所などの読み取り、マイナポータルとのアカウント連携の計3回が必要など、使い勝手には改善の余地が相当ある。
    粘り強く作業を続けると各種認証が済んで確定申告を始められるようになる。令和元年分の確定申告の受付期間は2月17日~3月16日だが、2月14日以前でも還付申告書は提出可能だ。個人事業主や副業を持っている人だけでなく、会社員などで年末調整を済ませているビジネスパーソンでも、住宅ローンを組んだ1年目や家庭の医療費が10万円を超えた場合などは確定申告によって還付金が戻ってくる。
    せっかくなので、スマートフォンだけですべてが完結する確定申告の電子申請に今年はチャレンジしてみるのもいいのではないか。しかし、各種番号やパスワードを忘れてしまった、そもそもマイナンバーカードを持っていないといった場合は、素直にスマーフォンより画面の大きなPCで申告書を作成し、プリントアウトして郵送するのがお勧めだ。
    https://jp.techcrunch.com/2020/01/31/first-year-of-reiwa-tax-return/


    【国税庁、スマートフォンを利用した確定申告の電子申請に対応】の続きを読む



    1 みつを ★ :2020/01/22(水) 02:21:32 ID:SDFhqrkf9.net

    https://japanese.engadget.com/jp-2020-01-20-cellebrite.html?3


    スコットランド警察、スマートフォンロック解除ツールの動画を公開。「スマホを迅速に返却するため」
    アップルストアも愛用していたという噂も

    Kiyoshi Tane
    13時間前 in security
    2020/01/21


    疑者のiPhoneロック解除を求めているさなか、スコットランド警察がスマートフォンロック解除ツールの動作を解説するビデオを公開しました。

    このビデオでは警官がツールを使ってスマートフォンからテキストメッセージや写真、カレンダーなどにアクセスしている作業が収録されるとともに、捜査を受ける市民にとってのメリットも主張されています。このロック解除ツールはイスラエルのフォレンジック(法執行機関向けにデバイスのデータ抽出サービスを提供)企業Cellebriteが開発した製品です。同社は「いっき」などで知られるサン電子の子会社であり、同様のデバイスは世界の捜査機関や米国の法執行機関で使用されています。

    スコットランド警察は本ツールの使用で、警官がスマートフォンに事件関連の証拠が含まれているかどうかを迅速に判断できるようになり、そのために調査に関係のないデバイスを迅速に返却できると述べています。
    (リンク先に続きあり)

    動画

    (出典 Youtube)


    【スコットランド警察、スマートフォンロック解除ツールの動画を公開。解除ツールはイスラエル企業が開発。】の続きを読む



    1 風吹けば名無し :2020/01/08(水) 13:25:00.56 ID:9o/wz27y0.net

     早くも「Fold」「折り畳み」は過去のものに?

     韓国メディアETNewsは、業界筋を情報源として、Samsung Displayがフォルダブルに続く次世代のフォームファクタとして、有機ELを用いた「スライドフォン」を想定していると報じました。米ラスベガスで開催中のCES2020で、顧客向けに限定展示するとのこと。


    (出典 smhn.info)


    https://smhn.info/202001-samsung-oled-slide-phone-rumors


    【Samsung、次世代ファームコネクタ「スライドフォン」端末を開発か。折り畳みスマホは早くも過去のものに。】の続きを読む



    (出典 www.gizchina.com)



    1 ムヒタ ★ :2020/01/20(月) 12:20:13.17 ID:CAP_USER.net

     うわさされているサムスンの「Galaxy S20」シリーズとみられるスマートフォンのスペックが、オンラインにリークされたようだ。MySmartPriceは米国時間1月17日付けの記事で、「Galaxy S20 5G」「Galaxy S20 Plus 5G」「Galaxy S20 Ultra 5G」の仕様について紹介している。サムスンは2月11日に「UNPACKED」イベントを開催する。

     記事によると、3機種すべてに「Android 10」とサムスンの「One UI 2.0」が搭載される。XDA Developersも同じようにツイートしている。

     ディスプレイは、Galaxy S20 5Gは6.2インチ、Galaxy S20 Plus 5Gは6.7インチ、Galaxy S20 Ultra 5Gは6.9インチになるという。記事によると、3機種すべてに、7nmプロセスで製造される「Exynos 990」チップセット、128GBのストレージ、最大1TBのMicroSDストレージが搭載され、Galaxy S20 Ultra 5Gには、512MBのオプションも用意される。

     MySmartPriceが公開したスペック表によると、下位2機種の背面カメラは、1200万画素のメイン広角レンズ、6400万画素の望遠レンズ、1200万画素の超広角レンズの3つで、3倍の光学ズーム、30倍のデジタルズーム、8K録画機能を備え、前面カメラは1000万画素。Galaxy S20 Ultra 5Gの背面カメラは1億800万画素のメイン広角レンズ、4800万画素の望遠レンズ、1200万画素の超広角レンズの3つで、10倍の光学ズーム、100倍のデジタルズーム、8K録画機能を備えるという。

     バッテリー容量は、Galaxy S20 5Gが4000mAH、Galaxy S20 Plus 5Gが4500mAH、Galaxy S20 Ultra 5Gが5000mAHと記事には記されている。

     米CNETはサムスンにコメントを求めたが回答は得られていない。
    2020年01月20日 08時43分
    https://japan.cnet.com/article/35148183/


    【「Galaxy S20」シリーズのスペックがリーク。、Exynos990チップセット、Android10・One UI 2.0搭載。5G対応モデルに8k動画撮影も。】の続きを読む

    このページのトップヘ