スマートデバイスニュース

スマートデバイスニュースはIT・家電等の電子機器まとめサイトです。
豊富な情報を毎日更新しています。

    タグ:サムスン



    1 ばーど ★ :2020/01/31(金) 13:56:33 ID:hvttRO4T9.net

    去年1年間の世界のスマートフォンの出荷台数は、中国での買い控えが続いたことなどから前の年と比べて2%余り減少しました。メーカー別では、韓国のサムスン電子が首位を守りましたが、中国のファーウェイがアメリカのアップルを抜いて世界シェア2位に浮上しました。

    アメリカの調査会社IDCによりますと、去年1年間に世界で出荷されたスマートフォンの台数は合わせて13億7100万台で、前の年に比べて2%余り減りました。

    これは、最大の市場である中国で、消費者が、次世代の通信規格5Gに対応した機種の価格が下がるまで買い替えを控えていることなどが要因だということです。

    メーカー別のシェアをみますと、
    ▽韓国のサムスン電子が21.6%で首位を守りましたが、
    ▽中国のファーウェイが17.6%で2位、
    ▽アメリカのアップルが13.9%で3位となり、2位と3位が入れ代わりました。

    さらに
    ▽中国のシャオミが9.2%で4位、
    ▽中国のOPPOが8.3%で5位でした。

    IDCは去年、ことしの世界の出荷台数について、5G対応機種の普及によって増加に転じるという見通しを示しましたが、今回は、中国での新型のコロナウイルスの感染拡大が各社の部品の供給網に影響を与える可能性があり、リスク要因になると指摘しています。

    2020年1月31日 13時16分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200131/k10012267131000.html?utm_int=news-ranking_social_list-items_010

    (出典 www3.nhk.or.jp)


    【2019年のスマホ出荷台数、HuaweiがAppleを抜き世界2位に。首位はサムスン。】の続きを読む



    1 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん :2020/01/29(水) 18:52:35 ID:CAP_USER.net


    (出典 i.imgur.com)


    韓国のサムスン電子が来月11日に米サンフランシスコで発表する予定のクラムシェル(縦開き)デザインの新型スマートフォン(スマホ)「ギャラクシーZフリップ」のデザインや仕様などを、ドイツのITメディア「WinFuture」が報じた。6.7インチで、22対9の画面比のフォルダブル(折り畳み)有機ELディスプレーを搭載。折り畳み部分のヒンジが改善されて70度から110度の角度での固定が可能で、折り畳み時は1.06インチの小さな画面で時間などを確認できるという。ギャラクシーZフリップの公式イメージと推定される写真(WinFutureより)=(聯合ニュース)

    https://m-jp.yna.co.kr/image/photo-view?type=today#1
    聯合ニュース 2020.01.29 11:25


    【Samsungが発表予定の縦開きスマホ「Galaxy Z Flip」の詳細がリーク。折り畳み時は1.06インチの小さな画面で時間などの確認が可能に。】の続きを読む



    (出典 www.kanematsu.co.jp)



    1 ムヒタ ★ :2020/01/24(金) 13:45:23.81 ID:CAP_USER.net

    半導体業界の復調が鮮明になってきた。次世代通信網「5G」が想定を上回る速度で普及し、高速大容量通信を支える幅広い半導体の需要を底上げするためだ。高性能品を供給する韓国サムスン電子や台湾積体電路製造(TSMC)、米クアルコムなど世界大手の株価は軒並み最高値圏で推移。増産に伴う設備投資も復調傾向で装置や素材など半導体産業全体に強い追い風が吹いている。

    「2020年も売上高の記録更新を期待している」。…
    2020/1/24 13:32
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO54790000U0A120C2EA2000/


    【半導体業界の復調が鮮明に。5Gが予想を上回る速度で普及し半導体の需要を底上げ。】の続きを読む



    (出典 tobalog.com)



    1 ニライカナイφ ★ :2020/01/10(金) 04:39:59.38 ID:3/qe/QEC9.net

    データを物理的に持ち運びしたり、PCを圧迫するデータを避難させたりするのにぴったりな外付けSSDにとって重要なのは、「容量」と「データの転送速度」です。
    しかし、Samsungは外付けSSDの「セキュリティ」にも注力しており、新たに指紋認証機能付きの外付けSSD「Portable SSD T7 Touch」を発表しています。

    Samsungが発表した「Portable SSD T7 Touch」は、外付けSSD本体に指紋認証センサーが搭載されており、内部のデータを生体認証で保護できるというもの。
    生体認証でのセキュリティ機能が搭載されていないPCであっても、データをよりセキュアに扱えるようになります。

    最大4つの異なる指紋を登録できるという「Portable SSD T7 Touch」の公式ムービーがYouTubeで公開されており、Portable SSD T7 Touchは2020年1月後半の発売を予定しており、想定価格は500GBモデルが129.99ドル(約1万4000円)、1TBモデルが229.99ドル(約2万5000円)、2TBモデルが399.99ドル(約4万4000円)です。
    さらに、指紋認証センサーのないモデルも2020年第2四半期にリリースされる予定となっています。
    Samsungのイメージする使用シーンなどがわかる内容となっています。

    動画:
    (出典 Youtube)


    https://gigazine.net/news/20200109-samsung-portable-ssd-t7-touch/


    【Samsung、指紋認証付き外付けSSD「Portable SSD T7 Touch」を発表。500GB・1TB・2TBの3モデル。】の続きを読む

    このページのトップヘ