スマートデバイスニュース

スマートデバイスニュースはIT・家電等の電子機器まとめサイトです。
豊富な情報を毎日更新しています。

    カテゴリ: 経済



    (出典 pbs.twimg.com)



    1 新種のホケモン ★ :2020/01/31(金) 20:11:44 ID:CAP_USER.net

    【ソウル=細川幸太郎】液晶パネル世界最大手の韓国LGディスプレーは31日、国内でのテレビ向け液晶パネルの生産を中止する方針を明らかにした。韓国北部にある工場のラインを年内に止める。液晶パネルは中国勢が生産を増やして市況が悪化しており、採算改善の見通しが立たないためだ。同日発表の2019年12月期の連結決算は8年ぶりに営業損益が赤字に転落し、赤字額も過去最大となった。

    生産中止は同日の決算発表後の電話会見で、徐東熙(ソ・ドンヒ)最高財務責任者(CFO)が明らかにした。徐氏は「液晶パネル市場の変化に適応するため生産能力の最適化を進める」と話し、収益悪化に歯止めがかからないテレビ向けパネルから自動車や産業用パネルへの転換を模索するという。

    韓国の坡州(パジュ)にある工場を止め、テレビ向け液晶パネルは中国広州市の自社工場で生産を続ける。

    LGDの19年10~12月期の連結決算は、営業損益が4220億ウォン(約390億円)の赤字(前年同期は2790億ウォンの黒字)で、売上高は8%減の6兆4220億ウォンだった。液晶パネルの市況悪化が最大の要因だ。19年通期の営業損益は1兆3590億ウォンの赤字だった。

    さらにLGDは10~12月期に資産の評価損で1兆6000億ウォンの特別損失を計上した。そのうち1兆4000億ウォン分が、米アップルのiPhone向けの有機ELパネルラインの減損だ。LGDは19年からiPhone向けに有機ELパネルの供給を始めたものの品質が安定せず納入量が伸び悩んだ。結果的に「将来価値が帳簿価格に達しない」(徐氏)として減損を迫られた。

    主力事業に逆風が吹き付けるLGDにとって唯一の成長領域とみられているテレビ向け有機ELパネルでは、20年の出荷枚数を19年比で8割増の600万枚とみる。ただ中国勢の液晶パネル増産によって価格下落が続いており、引きずられる形で有機ELパネルの価格も安定しない。LGDが計画通りに有機ELの投資金額を回収できるかは不透明な情勢だ。

    日本経済新聞
    https://r.nikkei.com/article/DGXMZO55084140R30C20A1FFE000

    2020年1月31日 15:23

    関連スレ
    韓経:企業の79%「今年経済の先行きは暗い」
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1580443816


    【韓国LGディスプレー、国内でのテレビ向け液晶生産中止へ。中国勢により市場が悪化。】の続きを読む



    1 ばーど ★ :2020/01/31(金) 13:56:33 ID:hvttRO4T9.net

    去年1年間の世界のスマートフォンの出荷台数は、中国での買い控えが続いたことなどから前の年と比べて2%余り減少しました。メーカー別では、韓国のサムスン電子が首位を守りましたが、中国のファーウェイがアメリカのアップルを抜いて世界シェア2位に浮上しました。

    アメリカの調査会社IDCによりますと、去年1年間に世界で出荷されたスマートフォンの台数は合わせて13億7100万台で、前の年に比べて2%余り減りました。

    これは、最大の市場である中国で、消費者が、次世代の通信規格5Gに対応した機種の価格が下がるまで買い替えを控えていることなどが要因だということです。

    メーカー別のシェアをみますと、
    ▽韓国のサムスン電子が21.6%で首位を守りましたが、
    ▽中国のファーウェイが17.6%で2位、
    ▽アメリカのアップルが13.9%で3位となり、2位と3位が入れ代わりました。

    さらに
    ▽中国のシャオミが9.2%で4位、
    ▽中国のOPPOが8.3%で5位でした。

    IDCは去年、ことしの世界の出荷台数について、5G対応機種の普及によって増加に転じるという見通しを示しましたが、今回は、中国での新型のコロナウイルスの感染拡大が各社の部品の供給網に影響を与える可能性があり、リスク要因になると指摘しています。

    2020年1月31日 13時16分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200131/k10012267131000.html?utm_int=news-ranking_social_list-items_010

    (出典 www3.nhk.or.jp)


    【2019年のスマホ出荷台数、HuaweiがAppleを抜き世界2位に。首位はサムスン。】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)



    1 名無しさん必死だな :2020/01/30(Thu) 10:02:28 ID:SfRlEcX1p.net

    https://gamasutra.com/view/news/357346/Game_revenue_down_21_at_Microsoft_as_Xbox_hardware_sales_slow.php

    マイクロソフトのビデオゲーム事業の収益は、2020年度第2四半期までに前年比で21%減少しました。同社は、ハードウェアの販売が鈍化していることと、2019年度の第2四半期が特に強かった(あるサードパーティタイトルが牽引)のが原因と見ています。
    全体として、マイクロソフトのゲーム収益は、2019年12月31日で終える四半期で9億500万ドル減少しました。Xboxハードウェアの売上だけでも、前年比で43%減少しました。これは、Microsoftが販売するコンソールの数とXboxシステムの価格を下げることの両方の減少に拍車をかけています。

    Xboxのコンテンツとサービスは、前年比2億9500万ドル、つまり11%減少しました。マイクロソフトは、自社のサ*クリプションサービス(Xbox Game Passだと思われる)の成長が、主にあるサードパーティタイトルが昨年の同じ四半期に高い水準を設定したという事実による低下を相*るのに役立ったと言います。

    収益に関しては、マイクロソフトのゲームビジネス(Windows、検索広告、Surface収益など)を内包する「More Personal Computing」カテゴリは、前年同期の130億ドルから132億ドルに増加しました。


    【Microsoft、ビデオゲーム事業の収益は前年比21%減。ハードウェアは43%減。】の続きを読む



    (出典 meeting.market)



    1 首都圏の虎 ★ :2020/01/30(Thu) 08:24:24 ID:4ajaf96F9.net

    【シリコンバレー=佐藤浩実】米マイクロソフトが29日に発表した2019年10~12月期の純利益は前年同期比38%増の116億4900万ドル(約1兆2700億円)だった。売上高は同14%増の369億600万ドルで、四半期ベースで過去最高。クラウド事業の拡大に加えて、パソコン用基本ソフト(OS)の世代交代に伴う「ウィンドウズ」の販売増が業績を押し上げた。


    ネット経由でコンピューターの演算能力を提供する「Azure(アジュール)」など、クラウド関連の事業をまとめた「コマーシャルクラウド」の売上高は同39%増の125億ドルだった。マイクロソフトの売り上げ全体に占める比率は34%と前年同期と比べて6ポイント上昇。クラウド事業の粗利率は67%と相対的に高いため、利益拡大の原動力になっている。

    主要事業では米アマゾン・ドット・コムのクラウドサービスと競合する「アジュール」の売上高が前年同期比で62%増えた。マイクロソフトは実額を公表していないが、45億~50億ドル規模とみられる。表計算ソフトなどをネット経由で使えるようにする「オフィス365(企業向け)」は同27%増だった。いずれも2桁の成長を続け、前の四半期(19年7~9月期)の伸び率も上回った。

    サティア・ナデラ最高経営責任者(CEO)は「世界の有力企業がデジタル対応のためにクラウドを利用している」と指摘した。マイクロソフトの売上高が四半期ベースで過去最高を更新するのは19年4~6月期(337億1700万ドル)以来、2四半期ぶり。

    クラウド以外の事業では、パソコンメーカーに納めるOS「ウィンドウズ」の販売額が前年同期比で18%増えた。この期は、20年1月の「ウィンドウズ7」のサポート終了の直前にあたり、世界的に「10」への更新需要が拡大した。新製品を投入したパソコン「サーフェス」の売上高は6%増えた一方で、20年に新型「Xbox」の発売を控えるゲーム事業は21%の大幅減となった。

    2020/1/30 6:53
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO55016790Q0A130C2000000/


    【Microsoft、2019年10月~12月期の純利益が前年同期比38%増。OS更新で売上高は過去最高に。】の続きを読む



    1 ムヒタ ★ :2020/01/29(水) 11:57:38 ID:CAP_USER.net

    中国湖北省の武漢で発生したとみられる新型コロナウイルスの感染はますます拡大しており、中国国内では2020年1月28日時点で100人以上の死者が報告されています。中国政府が新型コロナウイルスの流行を受けて、中国国内にある工場を一時閉鎖するよう命令したと報じられており、FoxconnやSamsungなどの製品の生産がストップするとみられています。

    China Closes Foxconn, Johnson & Johnson, And Samsung Factories Amid Virus Outbreak | Zero Hedge
    https://www.zerohedge.com/markets/china-closes-foxconn-johnson-johnson-and-samsung-factories-amid-virus-outbreak

    上海では、記事作成時点で66人が新型コロナウイルスに感染していると確認されています。経済ニュースメディアのZero Hedgeは、iPhoneやNintendo Switchの生産を請け負うFoxconnやSamsungの工場が集中する蘇州で、政府の命令によって工場が1~2週間にわたって閉鎖されたと報じています。Zero Hedgeは「工場の閉鎖は電子機器の価格へ影響を及ぼす可能性があることはいうまでもなく、ハイテク企業の株価に大きな影響が出る可能性もあります」と述べています。

    また、新型コロナウイルス流行の中心地となっている武漢には、中国最大の半導体メーカーである長江存儲科技(長江メモリー・テクノロジーズ)や武漢新芯集成電路(XMC)があり、中国政府主導でNAND型フラッシュメモリの量産計画が進められています。しかし、新型コロナウイルスの影響で武漢が閉鎖されてしまったため、この量産計画の進行にも支障が出ると考えられます。

    しかし、技術系メディアのThe Vergeによると、Foxconnは「新型コロナウイルスの発生によって製造のスケジュールを調整したり工場を閉鎖したりしない」と声明を発表したとのこと。

    iPhone maker Foxconn says coronavirus outbreak won’t affect production - The Verge
    https://www.theverge.com/2020/1/28/21112288/coronavirus-foxconn-apple-iphone-outbreak-production-manufacturing-schedule

    声明の中で、「Foxconnはコロナウイルスに関連する現在の公衆衛生上の課題を綿密に監視しており、影響を受けた市場における当社の全業務に、推奨されているすべての保健衛生慣行を適用しています。国内すべての企業が通常の営業時間に戻るまで休日スケジュールに従います」と述べています。

    中国では、2020年1月24日から30日までの1週間が春節(旧正月)として休日となっています。工場は閉鎖されているものの、記事作成時点では従来のスケジュールでも休日となっていることから、製造業務に支障はないというのがFoxconnの主張です。

    ただし、中国政府は新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、春節を2020年2月2日まで延長すると発表しています。ウイルス感染拡大の規模によっては、2月に入って春節が終わっても工場の稼働を再開できない可能性もありえます。

    なお、今回の新型コロナウイルスの流行はFoxconnやSamsungの業績にマイナスの影響を大きく与える可能性がありますが、一方で中国外に工場をもつMicronやWestern Digitalなどの半導体メーカーにはプラスに働く可能性があると、アナリストから指摘されています。
    2020年01月29日 10時55分
    https://gigazine.net/news/20200129-coronavirus-china-factory/


    【新型コロナウイルスの影響でFoxconnやSamsungの工場が閉鎖に】の続きを読む

    このページのトップヘ