スマートデバイスニュース

スマートデバイスニュースはIT・家電等の電子機器まとめサイトです。
豊富な情報を毎日更新しています。

    カテゴリ: Canon



    【Canon、2010万画素カメラを88万で販売】の続きを読む



    1 首都圏の虎 ★ :2020/01/07(火) 12:04:53.03 ID:BcyQVTov9.net


    (出典 dc.watch.impress.co.jp)









    キヤノンは、一眼レフカメラのフラッグシップモデル「EOS-1D X Mark III」を2月中旬に発売する。キヤノンオンラインショップでの販売価格は税別80万円。

    2016年4月に発売した「EOS-1D X Mark II」の後継機。2019年10月24日に開発発表された製品の詳細が明らかになった。イメージセンサーや画像処理エンジンをはじめとする多くの新開発デバイスを採用し、連写速度およびAF機能の向上、動画記録機能の拡充などが行われている。


    (出典 dc.watch.impress.co.jp)



    (出典 dc.watch.impress.co.jp)



    (出典 dc.watch.impress.co.jp)



    新センサー、新エンジン「DIGIC X」、16点分離の新LPF

    ノイズ抑制と読み出しの高速化を特徴とする、約2,010万画素の新開発35mmフルサイズCMOSセンサーを搭載。読み出し高速化により、連写速度の向上および4Kフル画角記録が実現しているという。


    (出典 dc.watch.impress.co.jp)


    画像処理エンジンはDIGIC X。解像感と高感度画質がそれぞれ新しい処理により向上し、各レンズの設計値に基づく光学補正を行う「デジタルレンズオプティマイザ」にも対応する。本機のDIGIC Xはシングル搭載だが、それでも処理能力はEOS-1D X Mark IIの「デュアルDIGIC 6+」を大幅に凌ぐとしている。


    (出典 dc.watch.impress.co.jp)


    ローパスフィルターは、これまで2枚のフィルターで4点に点像を分離していたところ、新たに4枚のフィルターで16点に分離する方式を採用。点像分離の最適化により解像感を向上しつつ、斜め方向にも分離することでモアレや偽色も抑制したという。


    (出典 dc.watch.impress.co.jp)



    向上した連写速度。CFexpressダブルスロットを採用

    EOS-1D X Mark IIと比べて、最もわかりやすいのが連写速度の向上だ。クイックリターンミラーの動作を伴う光学ファインダー撮影で最高約16コマ/秒、ライブビューではシャッターがメカ/電子のどちらでも最高約20コマ/秒を実現した。いずれもAF/AEが追従する。


    (出典 dc.watch.impress.co.jp)



    EOS-1D X Mark III(すべてAF/AE追従時)

    ファインダー撮影時:最高約16コマ/秒
    ライブビュー撮影(メカシャッター)時:最高約20コマ/秒
    ライブビュー撮影(電子先幕シャッター)時:最高約20コマ/秒
    電子シャッター撮影時:最高約20コマ/秒


    EOS-1D X Mark II

    ファインダー撮影時:最高約14コマ/秒(AF/AE追従)
    ライブビュー撮影(メカシャッター)時:最高約16コマ/秒(1コマ目でAF/AE固定)

    なお、連続撮影可能枚数は、RAWおよびRAW+JPEGのいずれも1,000枚以上。EOS-1D X Mark IIはRAWのみで約170枚、RAW+JPEGで約81枚だった。

    記録メディアスロットは、CFexpressスロットを2つ搭載。EOS-1D X Mark IIではCFとCFast 2.0のダブルスロットとなっていた。

    メカシャッターの最高速度は1/8,000秒。シンクロ速度は1/250秒。作動テストは50万回をクリアしているという。


    (出典 dc.watch.impress.co.jp)



    (出典 dc.watch.impress.co.jp)



    AFセンサーを刷新

    従来のラインセンサーから、正方画素を採用した「High-res AFセンサー」に一新。より細かい模様への対応、検出精度の向上、測距点の増加(最大61→191)、低輝度/高輝度対応の拡大などが盛り込まれた。

    全文はソース元で
    2020年1月7日 10:09 
    https://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/1227569.html


    【Canon、光学ファインダーで最高約16コマ/秒連写の「EOS-1D X Mark III」発表】の続きを読む


    キヤノン (CANONからのリダイレクト)
    キヤノン株式会社(読みはキャノン、英: Canon Inc.)は、カメラ、ビデオをはじめとする映像機器、プリンタ、複写機をはじめとする事務機器、デジタルマルチメディア機器や半導体露光装置(ステッパー)などを製造する大手電気機器メーカー。 芙蓉グループ。東証一部およびニューヨーク証券取引所(ティッカー:CAJ)上場企業であり、TOPIX
    90キロバイト (11,075 語) - 2019年11月25日 (月) 01:25



    1 :2019/12/20(金) 22:56:55.48 ID:f7E223Af0●.net BE:887141976-PLT(16001)


    (出典 img.5ch.net)

    今年のカメライベント「CP+」でキヤノンが参考展示した『iNSPiC REC(インスピックレック)』というデジタルカメラ。

    変わった見た目に注目を浴びその理由は、液晶はがなく横長の小さなの本体。色は若者ウケしそうなカラーバリエーションで、
    レンズの横に大きなファインダー代わりに使うだろうと思われる穴が空いている。
    かなり制限されたこの『iNSPiC REC』。光学ズームどころかデジタルズームも無く今時スマートフォンが普及した
    今需要があるのかと一部では言われていた。

    しかし10月にクラウドファンディングサイトで資金調達を開始したところ即日完売。
    1万5000円という安さと触って見たくなる本体から人気を得たのだろう。

    編集部にも『iNSPiC REC』が届いたので早速レビューしたいと思う。本体は実にシンプルで、モード切替スイッチでスチール、
    ビデオ、Wi-Fi、マルチ、OFFと切り替えが可能。マルチモードとはシャッターボタンを押す時間によりスチールと動画を切り替える事が可能。
    4秒押し続ければ動画として録画が開始される。ほか、microSDスロットにmicroUSBとなる。

    本当にこれだけで実にシンプル。モードを切り替えてシャッターボタンを押すとシャッター音がするのでそれだけで撮影できている。

    撮影した写真や動画はmicroSDに保存されているので、パソコンで閲覧するか、スマートフォンアプリ経由でダウンロードすることが可能。
    またスマートフォンアプリを使えばスマートフォンの画面を見ながら撮影も可能だ。しかしそれなら皆スマホで撮影してしまうのではないだろうか。

    1300万画素のCMOSセンサーとなっており、ISO感度は100~3200までオート、ホワイトバランス、露出補正もオートとなっている。
    動画撮影時のみ電子ISでの手ぶれ補正機能が働く。

    静止画は4:3と1:1から選ぶことが可能で、また画像サイズは2080×1560、2944×2208、4160×3120の3つのクオリティから選択できる。
    動画は1080p、60フレームでの撮影が可能。そのほか、720p/30、1080p/30も選択可能。

    またIP68相当の防水、防塵となっており水深2メートルまで30分間の撮影が可能。
    microSDはmicroSD/microSDHC/microSDXC対応で容量は最大256GBまで使用可能。

    1万5180円クラスのカメラとしてはなかなかのスペックだ。
    (つづく)

    詳細スペックは記事参照
    https://gogotsu.com/archives/55606
    動画
    http://y2u.be/cD6Li3guFBE


    (出典 gogotsu.com)


    (出典 gogotsu.com)


    (出典 gogotsu.com)


    (出典 gogotsu.com)


    (出典 gogotsu.com)


    (出典 gogotsu.com)


    (出典 gogotsu.com)


    (出典 gogotsu.com)


    関連
    クラウドファンディングで支援したアクションカメラが地雷だった 使い物にならないレベルだこれ
    https://gogotsu.com/archives/55361
    http://y2u.be/5ZGn4BEMV2o


    【Canonの『iNSPiC REC』が面白い! 1万5千円の低価格ながら水中撮影が可能!】の続きを読む



    【Canon、ミラーレス不振で3度目下方修正の深刻度。Sonyが大きく伸長。揺らぐ絶対王者の地位。】の続きを読む



    【Canon、フラグシップ一眼レフ「EOS-1D X Mark III」を開発中と発表】の続きを読む

    このページのトップヘ