スマートデバイスニュース

スマートデバイスニュースはIT・家電等の電子機器まとめサイトです。
豊富な情報を毎日更新しています。

    カテゴリ: 5G



    (出典 www.kanematsu.co.jp)



    1 ムヒタ ★ :2020/01/24(金) 13:45:23.81 ID:CAP_USER.net

    半導体業界の復調が鮮明になってきた。次世代通信網「5G」が想定を上回る速度で普及し、高速大容量通信を支える幅広い半導体の需要を底上げするためだ。高性能品を供給する韓国サムスン電子や台湾積体電路製造(TSMC)、米クアルコムなど世界大手の株価は軒並み最高値圏で推移。増産に伴う設備投資も復調傾向で装置や素材など半導体産業全体に強い追い風が吹いている。

    「2020年も売上高の記録更新を期待している」。…
    2020/1/24 13:32
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO54790000U0A120C2EA2000/


    【半導体業界の復調が鮮明に。5Gが予想を上回る速度で普及し半導体の需要を底上げ。】の続きを読む



    (出典 www.tsuhannews.jp)



    1 ばーど ★ :2020/01/21(火) 13:48:32 ID:KSxE/ckM9.net

    総務省が第5世代(5G)移動通信システムの基盤である光ファイバー回線を全国的に維持する負担金制度をつくる検討をしていることが20日、分かった。高速インターネットの利用環境を全国各地で維持するため、2020年代半ばにもネット利用者から広く薄く徴収して、不採算地域に光回線を持つ事業者に交付金を出し、回線の補修や更新に充てることができるようにする方向で調整する。

    総務省は今春にも有識者会議を立ち上げ、議論に着手する方向だ。光回線維持のための交付金は、光回線に接続する携帯電話事業者などが負担し、利用者の月額料金に上乗せして徴収されるもようで、利用者には新たな負担が生じることになりそうだ。

    政府はNTT東日本や西日本、ケーブルテレビ会社などが不採算地域に光回線を設置する際に補助金を拠出しているが、光回線の未整備地域が現在の約70万世帯から令和5年度末に約18万世帯に減少する見込みとなっている。これにより、「5G網が整備から維持の段階に移るため、対応が焦点になっている」(総務省担当者)という。

    5Gは電波の飛ぶ距離が4Gより短く、サービスを全国に行き渡らせるためには、4Gより多くの基地局が必要だ。基地局同士をつなく光回線についても細かく張り巡らせなければならない。政府は減税や予算措置で5G基地局の整備を促しているが、交付金で将来にわたり光回線を維持できる仕組みも整える。

    ソース/産経新聞社
    https://www.iza.ne.jp/kiji/economy/news/200120/ecn20012020490012-n1.html

    前スレ(★1の立った時間 2020/01/20(月) 21:51:04.09)
    【インターネット】総務省がインターネット利用者による負担金制度検討 5G網全国整備へ、2020年代半ばにも★5
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1579565336/


    【総務省、5G回線を維持費する負担金制度を検討へ。今春に有識者会議を立ち上げ議論に着手。】の続きを読む



    (出典 xiaolongchakan.com)



    1 ムヒタ ★ :2020/01/16(木) 10:59:45.72 ID:CAP_USER.net

     中国の通信機器大手である華為技術(ファーウェイ)は英国で現地時間1月15日、2019年に690万台の5Gスマートフォンを出荷したことを明らかにした。同社は何かと議論を呼んでおり、米国が同社の次世代無線ネットワーク市場支配を阻止しようとさまざまな手を打っているが、その中でも堅調な実績をあげていることが裏付けられた形だ。

     ファーウェイは2019年、「HUAWEI Mate 30 Pro 5G」「HUAWEI Mate 30 5G」「PORSCHE DESIGN HUAWEI Mate 30 RS」「HUAWEI Mate 20 X(5G)」「HUAWEI nova 6 5G」「HUAWEI Mate X」「Honor V30 Pro」「Honor V30」と、8モデルの5Gスマートフォンを発売した。

     ファーウェイは2019年12月、同年に2億4000万台のスマートフォンを出荷したと述べていた。同社は世界第2位のスマートフォンメーカーの地位にある(1位はサムスン)。

     ファーウェイはまた、15日の発表の中で同社の5Gインフラ設備の優位性をアピールした。米国の政治家が懸念しているのはこの点で、14日には超党派の上院議員グループが「信頼とセキュリティ」を備えた5G機器を開発する企業に助成金を出す法案を提出しているほどだ。

     米国はファーウェイの世界的な影響力にも懸念を向けている。13日には米政府当局の関係者が、英国のBoris Johnson首相率いる政権に対し、ファーウェイを英国の5Gネットワークから排除するよう説得を試みている。
    2020年01月16日 10時33分
    https://japan.cnet.com/article/35148060/


    【Huawei、2019年に690万台の5Gスマホを出荷したことを明らかに。5Gインフラ設備の優位性もアピール。】の続きを読む



    (出典 telecoms.com)



    1 雪子姫 ★ :2020/01/19(日) 01:42:54 ID:MmUeLNL+9.net

    国内で春に商用化する通信規格「5G」の次世代をにらんだ各国の競争が始まった。
    日本は2030年をめどに5Gの10倍以上の速度を実現するといったポスト5G(6G)の総合戦略を官民でつくる方針で、中韓やフィンランドも研究や投資に着手した。

    通信は規格に関わる特許を持つと、機器やソフトの販売で巨額の利益が出る。
    5Gで遅れた日本は巻き返しに動く。

    総務省は月内に、東大の五神真学長を座長とし高市早苗総務相が直…

    続きはソースで
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO54573820Y0A110C2MM8000/


    【日本、次世代通信5Gの更に次世代「6G」で巻き返しに動く。5Gの10倍以上を目指し総合戦略を官民でつくる方針へ。】の続きを読む

    • カテゴリ:


    1 ムヒタ ★ :2020/01/04(土) 07:19:27.53 ID:CAP_USER.net

    ことしは次世代の通信規格5Gの商用サービスが始まります。高速・大容量の通信が遠隔診療など、社会的な課題の解決にも活用されることが期待されます。

    高速・大容量の5GはNTTドコモ、auのKDDI、ソフトバンクの3社がこの春から商用サービスを始めるほか、楽天モバイルもことし6月のサービス開始を目指しています。

    5Gに対応するスマートフォンも国内外のメーカーから発売される見込みで、スポーツや音楽イベントの映像配信などエンターテインメント分野での活用が見込まれています。

    一方、携帯各社は離れた場所にいる医師が立体的な映像をもとに診察する遠隔診療や、競技場などでドローンで撮影した高精細の映像を警備の拠点に送って活用するといった実証実験をさまざまな企業と進めていて実用化に道筋がつくか、注目されます。

    一方、建物の中などの限られたエリアで活用する「ローカル5G」も来月にも実用化され、携帯各社ではなく、企業や自治体、大学などに電波が割り当てられます。

    すでに企業や自治体などが免許の申請を始めていて、NECや富士通が自社の事業所で活用する予定にしているほか、東京都も中小企業などが5Gを使った事業の実験ができる施設を整備する計画で、企業や地域のニーズにあった活用の広がりが期待されます。
    2020年1月4日 4時21分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200104/k10012234981000.html


    【次世代通信規格5G、ついに 商用サービス開始へ。遠隔診療など課題解決に期待。】の続きを読む

    このページのトップヘ