スマートデバイスニュース

スマートデバイスニュースはIT・家電等の電子機器まとめサイトです。
豊富な情報を毎日更新しています。

    カテゴリ: パソコン



    (出典 assets.media-platform.com)



    1 ムヒタ ★ :2020/01/30(木) 08:50:04.51 ID:CAP_USER.net

     著名なAppleアナリストであるMing-Chi Kuo氏の最新予測によると、Appleが新しい「iPhone」、「iPad Pro」、「MacBook Pro」または「MacBook Air」(あるいはその両方)の新型モデルを2020年上半期にリリースする予定だという。またKuo氏の予測では、ハイエンドのBluetoothヘッドホン、より小型のワイヤレス充電マット、そしてかなり以前からうわさになっているウルトラワイドバンド(UWB)を利用したトラッキングタグもリリースされるとMacRumorsが伝えている。

     Kuo氏の予測は、うわさされるAppleの製品リリースに関する他の報道とほぼ一致している。そのうち、新しいiPhoneは「iPhone 8」に似た外観の低価格版で、4.7インチの液晶画面と「TouchID」ホームボタンを備えつつ、より高速な「A13」チップと3GBのRAMを搭載すると、Kuo氏は予測している。また、iPad Proの新型モデルは、AR(拡張現実)製品向けに3D認識をサポートするトリプルレンズカメラを背面に搭載し、Kuo氏によると、3月にも発表される見込みだという。

     いっぽう、MacBookについては、新モデルがリリースされるのが、MacBook Proなのか、MacBook Airなのか、あるいは両方なのかはKuo氏の予測メモでははっきりしていない。これに関し、米CNETを含む他の報道機関はこれまで、MacBook Proがリリースされると報じてきた。またBluetoothヘッドホンや充電マットについても、Kuo氏から新たな詳細情報は出ていない。
    2020年01月30日 08時00分
    https://japan.cnet.com/article/35148671/


    【Apple、2020年前半に低価格版「iPhone」や新型「iPad」「Macbook Pro」を発売か】の続きを読む



    1 1号 ★ :2020/01/30(Thu) 22:05:10 ID:SGZhW/5p9.net

     新型コロナウイルスによる肺炎への感染予防をめぐり、京都府木津川市の府山城南保健所を装った不審なメールが出回っていることが30日、わかった。同保健所はコンピューターウイルスに感染する恐れがあるとして、添付ファイルを開かず削除するよう呼びかけている。

     府によると同保健所は23日、管内約40の障害福祉サービス事業者あてに、感染予防のための手洗いや、消毒用エタノールの設置などを呼びかけるメールを送った。ところが、このメールを受信したパソコンが、「エモテット」と呼ばれるウイルスに感染しており、文面が悪用された可能性があるという。不審なメールには、添付ファイルを開くよう促す内容が書かれているという。
     こうしたメールは全国の企業や個人に送られており、30日午前までに、全国から同保健所に約100件の問い合わせが寄せられているという。(佐藤美千代)

    2020/1/30 21:31
    https://www.asahi.com/sp/articles/ASN1Z7284N1ZPLZB01J.html


    【新型コロナウイルス予防の偽メールが出回る。開くとコンピューターウイルスに感染する恐れ。】の続きを読む



    (出典 www.dospara.co.jp)



    1 風吹けば名無し :2020/01/10(金) 06:00:00.36 ID:yntMFfrV0.net

    同製品は、CPUに新型デュアルコアプロセッサ「Intel Celeron N4000」を搭載するなど、4K画質の動画再生に十分な処理能力を備えたスティック型PC。

    無線LANは11acに準拠し、最大速度1,733Mbps(理論値)のチップを備える。5GHz帯にも対応するため、Bluetoothや電子レンジなどが発する2.4GHz帯の電波の干渉を受けにくい。

    本体には冷却ファンに加え、強度と廃熱性能が両立する「毘沙門亀甲」デザインの通気口を採用し、強度と異物の侵入を防止しながら、冷却効率を向上している。また、従来機に比べ50%以上の静音化を実現し、騒音が19.6dBに低減しているという。
    https://news.mynavi.jp/article/20190111-755154/


    【ドスパラ、4K動画が再生できるスティック型PCを発売。価格は税別26,800円から 。】の続きを読む



    1 田杉山脈 ★ :2020/01/24(金) 18:26:45 ID:CAP_USER.net

    ノートPCにタッチ機能を手軽に追加できるUSBデバイス「AirBar」がテックウインドから発売された。メーカーはスウェーデンのNeonode。

     ラインナップは「AirBar 13.3(AIRBAR133)」「AirBar 14.0(AIRBAR140)」「AirBar 15.6(AIRBAR156)」の3つで、それぞれ13.3インチ、14インチ、15.6インチのディスプレイに対応する。各モデルとも店頭価格は税込12,980円。

    ディスプレイの下に設置するとタッチ操作が可能になるUSBデバイス、専用ソフトやドライバのインストールは不要
     AirBarは、Windows 10を搭載したノートPCにタッチ入力機能を追加するためのUSB接続デバイス。タッチ操作に対応していないノートPCでも、AirBarをディスプレイの下側に取り付けることで、指先を使ったピンチやスワイプなどの操作ができるようになる。手袋を着けた状態でも操作でき、またスタイラスや鉛筆、筆、箸などにも反応するという。

     専用のソフトウェアやドライバなどのインストールが不要で、USBケーブルを接続するだけで使えるようになるのも便利だ。

    ノートPCの固定には付属のマグネットを使用する。ノートPCにマグネットを貼り付けた後はAirBarを簡単に着脱でき、またマグネットを貼り付けたままでもノートPCの動作などに支障は無いとのこと。なお、設置のために、ディスプレイの下に高さ22mmのスペース(ベゼル部分)が必要。

    本体の厚さは約5mm、高さは約17mm。幅と重量は、13.3インチモデルが約325mm、約50g、14インチモデルが約339mm、約55g、15.6インチモデルが約373mm、約55g。USBケーブル長は25cm前後。対応OSはWindows 10。

    (出典 akiba-pc.watch.impress.co.jp)

    https://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/news/news/1231100.html


    【ノートPCにタッチ機能を追加できるUSBデバイス「AirBar」が発売】の続きを読む



    1 田杉山脈 ★ :2020/01/23(木) 17:17:00.13 ID:CAP_USER.net

    VAIOは1月23日、2020年1月発売モデルとして、第10世代インテル Coreプロセッサー Uプロセッサーラインを搭載した個人向けモバイルPC「VAIO SX12」と「VAIO SX14」の2シリーズを発売すると発表した。

    両シリーズは、いずれもモバイルワークを次のステージへ進めることを目指して2019年に発表した製品。VAIO PCのラインアップの中核を担う。

     指紋認証に加え、Windows Hello対応の生体認証方式として新たに顔認証に対応した。これにより、センサー部に指を置くだけの指紋認証、内蔵カメラでユーザーの顔を自動認識する顔認証の2つの方法で瞬時にログインできるようになった。

     BIOSパスワードとして、パスワードの代わりにスマートフォンやUSBメモリーなど、普段身近にあるデバイスでの認証に初対応。強度の高い複雑なパスワードを設定しても、起動時の手間が増えない上、のぞき見されることによる漏出などのリスクも低減可能。

     さらに、高速な第3世代ハイスピードSSDの中でも、大容量の2TBがSSDの選択肢として用意された。

     また、PC作業をより速く快適に行えるように、VAIOが長年培ってきたノウハウとテクノロジーをつぎこみ、プロセッサーのパフォーマンスを極限まで引き出すVAIO独自のチューニング「VAIO TruePerformance」が施されている。

     インテル ターボ・ブースト・テクノロジー2.0対応のCPUでは、アイドル時に負荷がかかる作業を行うと、システムの放熱能力を超えた電力レベルで短期間動作することでパフォーマンスを最大限に向上させ、その後持続可能なパフォーマンスに落ち着く仕様になっている(実際の動作時はさまざまな要因により到達可能なパフォーマンスは変動)。

     そこに、独自のチューニングであるVAIO TruePerformanceを適用すると、チューニング前に比べ、持続可能なパフォーマンスをより高く保つことができるという。

     今回発売する2020年1月発売モデルにおいても、最大6コア/12スレッド駆動のハイパフォーマンスを考慮し、システムの放熱設計などについて前モデルを超える緻密なチューニングを実施した。結果、VAIO TruePerformance適用時にCore i7モデルで最大約40%の性能向上を実現した。

     なお、VAIO TruePerformanceは2018年1月に4コア(クアッドコア)の第8世代インテルCoreプロセッサーが選択可能となった際に搭載され、2019年に新機種の発表とあわせてさらなるチューニングを重ねて世代交代。VAIO TruePerformanceの効果はCPUコア数が多いほど強く発揮されることから、6コア(ヘキサコア)の追加が実現した今回の2020年1月発売モデルにおいて、3世代目として飛躍的な進化を遂げているという。

     加えて、黒のキーキャップの上に打たれる文字も黒の刻印にした、隠し刻印キーボード(日本語/英字)で「黒」と「高性能」へのこだわりを追求したプレミアムエディション「ALL BLACK EDTION」。3層コートで表現された赤い天板、磨きと染色に手間と時間をかけた赤いパームレストなど、VAIO理想の「赤」にこだわり抜いたプレミアムエディション「RED EDITION」を同時発売する。

    (出典 japan.cnet.com)


    (出典 japan.cnet.com)

    以下ソース
    https://japan.cnet.com/article/35148386/


    【VAIO、第10世代Core搭載「VAIO SX12/SX14」発表。指紋認証・SSD2TBを搭載し、プロセッサのパフォーマンスを最大限に引き出す独自チューニング仕様。】の続きを読む

    このページのトップヘ