スマートデバイスニュース

スマートデバイスニュースはIT・家電等の電子機器まとめサイトです。
豊富な情報を毎日更新しています。

    カテゴリ: 富士通



    1 へっぽこ立て子@エリオット ★ :2020/01/15(水) 15:11:33.15 ID:CAP_USER.net

     Dynabookは1月15日、同社製ノートPC「dynabook」シリーズのラインアップを一新、2020年春モデル計9製品を1月24日から順次発売する(dynabook T7/同 X7の2製品は2月下旬から)。

     今回のラインアップは、従来製品をベースに一部モデルで最新の第10世代Coreプロセッサの採用やWi-Fi 6(IEEE 802.11ax)接続のサポートが行われているのが特徴だ。


    (出典 image.itmedia.co.jp)


    (出典 image.itmedia.co.jp)


    (出典 image.itmedia.co.jp)

    カラーバリエーションはdynabook G5(上)がオニキスブルーの1色展開、dynabook G6(下)/dynabook G6がオニキスブルーとパールホワイトの2色展開となっている

     薄型軽量設計の13.3型モデル「dynabook G」シリーズは、Core i7-10710Uを搭載する「dynabook G8」、Core i5-10210Uを搭載する「dynabook G6」、Core i3-10110Uを搭載する「dynabook G5」の3構成をラインアップ。いずれもIGZOパネル採用の13.3型フルHD液晶ディスプレイを内蔵、Wi-Fi 6もサポートした。本体重量はCore i3搭載の「G5」モデルが約779gを実現。バッテリー駆動時間はCore i7搭載の「G8」モデルが最大約18.5時間となっている。

     予想実売価格はdynabook G5が14万円台半ば、dynabook G6が16万円台半ば、dynabook G8が20万円前後の見込みだ(税別、以下同様)。

     この他、15.6型スタンダードノートPCとして「dynabook T6」「dynabook T7」および「dynabook X4」「dynabook X5」「dynabook X6」「dynabook X7」の6機種を投入。最上位のdynabook T7は第10世代CoreとWi-Fi 6を装備する他、赤外線顔認証もサポートした。


    (出典 image.itmedia.co.jp)


    (出典 image.itmedia.co.jp)

    dynabook T7(上)、dynabook X7(下)

     予想実売価格はdynabook T6が16万円台半ば、同 T7が19万円台半ば。同 X4が12万円前後、同 X5が14万円台半ば、同 X6が15万円台半ば、同 X7が18万円台半ばとなっている。

    □関連リンク
    プレスリリース
    https://dynabook.com/press-release/20200115.html
    Dynabook
    https://dynabook.com/

    2020年01月15日 12時41分 公開
    ITmedia PC USER
    https://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/2001/15/news085.html


    【Dynabook、2020年春モデルを発表。第10世代Core+Wi-Fi 6搭載で約779gの軽量筐体を実現したスリム13.3型ノート「dynabook G」など9製品。】の続きを読む


    富士電機製造株式会社(現・富士電機株式会社)を設立。社名の富士の「富」は古河グループの「ふ」、「士」はシーメンス社(ドイツ語では「ジーメンス」社)の「じ」に由来する。 富士通は、富士電機製造社の電話部所管業務を分離して、1935年6月20日に富士通
    42キロバイト (4,571 語) - 2019年11月28日 (木) 09:43



    1 :2019/12/18(水) 12:02:23.55 ID:aUUYwUtl0.net BE:422186189-PLT(12015)


    (出典 img.5ch.net)

    英国の郵便局を支えてきた元準郵便局長550人以上が会計システムのエラーから「無実の罪」を着せられ、投獄されたり、破産したりしていたことが分かりました。

    ロンドンの高等裁判所は16日「地獄の20年」を味わった元準郵便局長たちの訴えを認め、和解金578万ポンド(約8億3400万円)の支払いを郵便局の窓口業務を引き受けるポスト・オフィス社に命じました。

    英メディアによると、この会計システムはもともと英コンピューター企業ICLが開発した「ホライゾンシステム」。
    高等裁判所の判事はホライゾンシステムにかなりのバグやエラー、不良があったため、準郵便局長の支店口座に不一致が生じたことを認めました。

    郵便局側は「ホライゾンシステムに何の問題もなかった」と主張してきました。
    しかし判事は「2000年に導入されたシステムは少しも堅牢ではなかった」として、郵便局の支店口座で帳尻が合わずに資金不足が生じたのはホライゾンシステムの欠陥が原因だと判断しました。

    ICLは2002年に富士通に買収されています。
    ポスト・オフィス社が和解に応じたことで富士通に今後どんな影響が出てくるのかは今のところ分かりません。
    しかし英紙フィナンシャル・タイムズによると、判事はさらなる真相究明のため検察当局に富士通の名を通報したそうです。

    https://news.yahoo.co.jp/byline/kimuramasato/20191217-00155311/


    【英国の郵便局員による巨額横領事件、富士通が買収したICLの銀行システムエラーが原因だったことが判明し、全員冤罪へ】の続きを読む


    富士電機製造株式会社(現・富士電機株式会社)を設立。社名の富士の「富」は古河グループの「ふ」、「士」はシーメンス社(ドイツ語では「ジーメンス」社)の「じ」に由来する。 富士通は、富士電機製造社の電話部所管業務を分離して、1935年6月20日に富士通
    42キロバイト (4,571 語) - 2019年11月28日 (木) 09:43



    1 田杉山脈 ★ :2019/08/09(金) 00:25:52.34 ID:CAP_USER.net

    国内のIT大手がAI(人工知能)などの分野で高度なスキルを持つIT人材を、高給で処遇する制度を相次ぎ導入する。若手でも顕著な実績を残せば、年収は数千万円に達する。米グーグル(Google)などの「GAFA」を中心に海外のネット大手がやりがいや高額な報酬で世界中の人材をひきつけるなか、国内のIT大手も抜本的な解決策を求められている。

    「役員レベルの処遇も」、富士通時田社長が断言
     富士通の時田隆仁社長は2019年8月8日、日経 xTECHなどの取材に応じ、2020年3月までをめどに高度人材向けに高給で処遇する制度を採り入れると明らかにした。AIやサイバーセキュリティーといった分野を手掛ける高度人材を対象に、専門性の高さや市場価値などを踏まえて、報酬を個別に設定できるようにする。

    制度の詳細はこれから詰めるが、若手でも飛び抜けた実績を残せば、年収は3000万~4000万円に達しそうだ。時田社長は「市場価値が極めて高い場合、役員レベルの処遇もあり得る」と断言した。

     実は人材に関わる問題意識は、2019年6月の時田社長就任以前から富士通が抱えていた。前社長時代に田中達也会長は日経コンピュータのインタビューで「極端なことを言えば、社長より給料を多くもらったって構わない。まだ人事制度を整備中だが、特別な分野でものすごい収益をもたらす人であればそうした契約をしてもいい」と語っていた。

    以下ソース
    https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00001/02729/


    【富士通が年収最大4000万円で技術者を厚遇へ】の続きを読む


    富士電機製造株式会社(現・富士電機株式会社)を設立。社名の富士の「富」は古河グループの「ふ」、「士」はシーメンス社(ドイツ語では「ジーメンス」社)の「じ」に由来する。 富士通は、富士電機製造社の電話部所管業務を分離して、1935年6月20日に富士通
    42キロバイト (4,571 語) - 2019年11月28日 (木) 09:43



    1 風吹けば名無し :2019/12/17(火) 22:46:03.36 ID:24Y9B6zj0.net

    富士通、「はじめての自分専用PC」に最適な“小学生専用”14型ノート

    富士通クライアントコンピューティング株式会社は、FMVブランドより、子供向け14型ノートPC/2in1「LIFEBOOK LH」シリーズ2製品を、7月26日より発売する。

    国内初の小学生専用PCを謳う製品で、クラムシェルノートの「LH35/C2」とタッチ対応パネル/アクティブペン対応の「LH55/C2」の2モデルが用意され、店頭予想価格はそれぞれ7万円強、9万円強。

    LH35/LH55ともに14型1,366×768ドットの非光沢液晶ディスプレイを搭載するが、LH55は360度回転式ヒンジを採用し、2in1として利用でき、
    タッチ操作と付属のアクティブペン(Microsoft Pen Protocol、1,024段階筆圧検知)でのペン入力に対応する。

    そのほかのおもな仕様は共通で、Celeron 3865U(2コア/1.8GHz)、DDR4-2133メモリ4GB、128GB SATA SSD、OSはWindows 10 Homeを搭載。

    全文はソースで

    (出典 pc.watch.impress.co.jp)


    【富士通、「小学生専用ノートPC」発売】の続きを読む



    【新型スーパーコンピューター「富岳」の性能は「京」の100倍】の続きを読む

    このページのトップヘ