スマートデバイスニュース

スマートデバイスニュースはIT・家電等の電子機器まとめサイトです。
豊富な情報を毎日更新しています。

    カテゴリ:Google > Stadia



    【Google「Stadiaは2020年内に120本以上のゲーム提供を目指す」。上半期には10以上の時限独占タイトルも。】の続きを読む


    Google Stadia(グーグル ステイディア/スタディア)とは多国籍テクノロジー企業であるGoogleによる登録制クラウドゲームサービスである。2019年11月19日に月額課金制でサービスを開始した。(日本を含まない世界14か国)。2020年以降には月額課金のないプランを予定している。
    20キロバイト (2,047 語) - 2019年12月2日 (月) 12:03



    【Googleの「Stadia」をいろんな場所で使ってみてわかった、技術的・ビジネス的課題とは】の続きを読む


    Google Stadia(グーグル ステイディア/スタディア)とは多国籍テクノロジー企業であるGoogleによる登録制クラウドゲームサービスである。2019年11月19日に月額課金制でサービスを開始した。(日本を含まない世界14か国)。2020年以降には月額課金のないプランを予定している。
    20キロバイト (2,047 語) - 2019年12月2日 (月) 12:03



    1 風吹けば名無し :2019/11/26(火) 12:09:41.69 ID:tRsxMPfkd.net

    Google Stadia App Got Downloaded Over 175K Times in the First Two Weeks
    https://wccftech.com/google-stadia-app-got-downloaded-over-175k-times-in-the-first-two-weeks/

    AndroidとiOSの両方で利用可能なGoogle Stadiaアプリは、新たにローンチされたクラウド専用ゲームストリーミングプラットフォームのユーザーベースに近い最高の洞察を提供する可能性があります。

    これは、ゲームを購入するにはGoogle Stadiaアプリが必要だからです。何らかの理由で、当面はPC経由で実行できません。もちろん、アプリ自体は実際のStadiaアカウントを持っていなくてもダウンロードできますが、それ自体では意味がありません。

    さて、GamesIndustryが報告したように、センサータワーは11月19日まで「17.5万回以上のダウンロード」を見積もっています。また、センサータワーは、ダウンロードの90%以上がAndroidプラットフォームからのものであると付け加えました。
    iOSは現在、ゲームをまったくストリーミングできないため、おそらく驚くことではありません。米国は、ダウンロード配信で全体の41%を占めています。


    【ゲーム業界を変えると騒がれたGoogle「Stadia」、ios対応のはずが現状では全くプレイできず】の続きを読む



    【なぜGoogleのStadiaはxCloudに負けたのか?】の続きを読む



    【ゲーム業界を変えるGoogle「Stadia」、売上17.5万の大爆死】の続きを読む

    このページのトップヘ