スマートデバイスニュース

スマートデバイスニュースはIT・家電等の電子機器まとめサイトです。
豊富な情報を毎日更新しています。

    カテゴリ: Nvidia



    (出典 notebookspec.com)



    1 風吹けば名無し :2020/01/21(火) 21:41:04.85 ID:sdCOvLPQa.net

    NvidiaのAmpereカードのリーク:おそらく20 GBのVRAMと3480 CUDAコアを搭載したRTX 3080

    数週間前、台湾の市場アナリストのアナリストは、Ampere世代のNvidiaのビデオカードは最大50%高速で、消費電力は半分になると述べました。
    可能性のあるカードについてはあまり聞いていませんが、新しいうわさがそれを変えました。

    中国のMyDriversのユーザーと、「KittyCorgi」というTwittererによると、ga103チップは、おそらくRTX 3080と言われているが、60個のストリーミングマルチプロセッサ、
    したがって3480個のcuda-coreを搭載することになる。これは、RTX 2080 Superの3072よりわずかに大きいです。メモリは、使用されるgddr6のタイプに応じて、320ビットのバス幅と10または20 GBの容量を持ちます。

    小さいga104は、48個のストリーミングプロセッサ、したがって3072個のcudaコア、およびビデオメモリ用の256ビットのバス幅を受信します。
    これにより、メモリ容量は8 GBまたは16 GBになります。ソースが本当に正しい場合、このチップはおそらくRTX 3070になります。

    また、チップが名前に奇数で登場したのは初めてですが、これが何を示しているのかはわかりません。これは、この世代がより多くのチップで構成されることを意味する可能性があります。
    図面は、彼がpcie 4.0を使用することも示しています。疑わしいRTX 3080のチップにはNVLink用の2つのx8リンクもあり、RTX 3070用のga104には1つあります。
    スケジュールを投稿したTwitterユーザーはそれほど有名ではありません。ユーザーのアカウントは、1月17日に情報を投稿し始めたことを示しています。

    どちらも、TSMCの7nmプロセスを使用する可能性が高く、Samsungの同等のノードからではありません。TSMCでは非常にタイトであり、
    生産能力の拡張はAMDによって完全に吸収されることは明らかです。したがって、おそらく一部のチップのSamsungへの切り替えは除外されません。

    https://nl.hardware.info/nieuws/70774/meer-details-nvidias-ampere-kaarten-gelekt-rtx-3080-met-mogelijk-20-gb-vram-en-3480-cuda-cores


    【Nvidiaの新型GPU「RTX3080」の詳細がリーク。20GBメモリを搭載し性能は50%向上、消費電力は半分に。】の続きを読む



    (出典 www.nvidia.com)



    1 名無しさん必死だな :2020/01/17(金) 14:56:51.28 ID:fjrchGPE0.net

    https://wccftech.com/nvidia-geforce-rtx-2060-6-gb-graphics-card-299-usd-price-drop/

    ベンチでRadeon RX 5600 XT279ドルを上回るRTX 2060を値下げして先制攻撃


    【NVIDIA RTX2060を299.99ドルへ値下げ。Radeon RX 5600 XTへ対抗。】の続きを読む



    1 :2020/01/09(木) 11:25:33.56 ID:K5VrO5pI0.net BE:422186189-PLT(12015)


    (出典 img.5ch.net)

    米NVIDIAは1月7日(現地時間)、自社製品のセキュリティ情報を公開した。
    同社製GPUのディスプレイドライバーに複数の脆弱性が存在するという。

    同社が公開したセキュリティ情報によると、脆弱性の影響を受ける製品はWindows環境で
    利用している“GeForce”、“Quadro”、“NVS”および“Tesla”。修正された脆弱性はCVE番号
    ベースで9件で、“GeForce”(Windows)の場合、うち5件が影響する。
    v441.12への更新が必要だ。

    深刻度がもっとも高いのは、カーネルモードレイヤー(nvlddmkm.sys)ハンドラーで入力
    バッファーの検証が十分でない問題(CVE-2019-5690)と、同じくカーネルモードレイヤー
    ハンドラーにおけるnullポインターの逆参照(CVE-2019-5691)となっており、
    いずれもサービス拒否(DoS)や権限昇格につながる恐れがある。“CVSS V3”の基本値は、“7.8”。

    最新版のドライバーは現在、同社のWebサイトから無償で入手可能。
    同社が提供するユーティリティ「GeForce Experience」を利用してアップデートすることもできる。

    https://forest.watch.impress.co.jp/docs/news/1228012.html


    【NVIDIA製GPUドライバーに深刻な脆弱性。最新版ドライバーへの更新が必須。】の続きを読む



    1 名無しさん必死だな :2020/01/03(金) 17:01:06.41 ID:Ny8IvYlwM.net

    https://wccftech.com/nvidia-next-gen-ampere-gpu-50-percent-faster-twice-efficient-than-turing

    NVIDIA Next-Generation 7nm Ampere GPUs Powered GeForce Graphics Cards Up To 50% Faster & Twice As Efficient Than Turing, Report Claims

    NVIDIA's Next-Generation Ampere GPU based GeForce graphics cards are going to be much faster and much more efficient than Turing GPUs,
    as reported byaipei Times(via Tomshardware). It has been stated that NVIDIA is all set to launch their next-generation Ampere GPU in the second half of 2020, leading to a rebound in demand for gaming and notebook GPUs.


    【NVIDIA、新型Ampereは現行Turingより50%高速化】の続きを読む


    NVIDIA Corporation(エヌビディアコーポレーション)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンタクララにある半導体メーカー。コンピュータのグラフィックス処理や演算処理の高速化を主な目的とするGPU(グラフィックス・プロセッシング・ユニット)を開発し販売する。
    27キロバイト (3,638 語) - 2019年12月16日 (月) 18:29



    1 サンダージョー ★ :2019/12/19(木) 11:20:24.33 ID:CAP_USER.net

    2019.12.17 12:30
    https://www.gizmodo.jp/2019/12/nvidia-taught-an-ai-to-instantly-generate-fully-texture.html

    (出典 assets.media-platform.com)


    AIが見えない部分を補って生成。

    何かしら物体を描いたスケッチや写真を、リアルな3Dモデルに変換して3Dプリンタで印刷したり、テレビゲームで動かしたり、視覚効果を用いて動画に生命を吹き込むには、大量の画像をもとに作業するデジタル・モデリングの技術をもつ人材が必要になります。

    ですがNVIDIAはニューラル・ネットワークを訓練して、たった1枚の写真から完全なテクスチャーを持つ3Dモデルを生成することに成功しました。
    似た技術は以前からあった

    以前にも、3Dモデルを自動生成する似たような技術を見たことがありますが、正確な結果を得るためには、さまざまな角度から撮影した写真がたくさん必要だったり、ソフトウェアに画像内の特定のオブジェクトの寸法や形状を理解させるべく、人間のユーザーが数値を入力したりする必要がありました。

    いずれの手法でも、問題対処へのアプローチが間違っているわけではありませんが、もっとカンタンに3Dモデリングができるようになるのは大歓迎です。そうすれば、高度なスキルを持たないユーザーにとっても、幅広い層が使えるようになるツールを利用できるようになりますから。ただ、それがソフトの潜在的な用途を制限してしまうこともあります。

    NVIDIAが論文を発表

    カナダのブリティッシュコロンビア州バンクーバーで開催される、「神経情報処理システム」年次会議で、NVIDIAの研究者たちが新しい論文「Learning to Predict 3D Objects with an Interpolation-Based Renderer」(内挿ベースのレンダラーで3Dオブジェクトを予測する方法を学ぶ)を発表しました。
    https://nv-tlabs.github.io/DIB-R/files/diff_shader.pdf

    そこには、新しいグラフィック・ツール「Differential interpolation-based renderer」(微分可能関数内挿をベースにしたレンダラー)、略してDIB-Rの開発について詳細が記載されています。

    DIB-Rの使い方

    NVIDIAの研究者らは、複数のデータセット上でDIB-Rのニューラル・ネットワークを訓練しました。そこには、以前に3Dモデルへと変換された写真、複数の角度から提示された3Dモデル、複数の角度から特定の被写体に焦点を合わせた写真のセットなどがあります。

    たとえば、鳥のような特定の被写体を2Dから3Dにする方法について、ニューラル・ネットワークを訓練するのにはおおよそ2日かかります。ですが一旦完成すれば、これまでに分析されたことのない2D写真に基づく3Dモデルを、100ミリ秒以内に量産できるのだそうです。

    (出典 assets.media-platform.com)


    応用範囲が広そう

    この驚くべき処理速度が、このツールを特に興味深いものにしています。

    なぜなら、ロボットや自律走行車のような機械が、眼前にあるものを認識して3D的に理解する方法が大幅に改善される可能性を秘めているからです。

    たとえば、自律走行車がカメラで撮っている映像から生成した静止画像を、瞬時に3Dモデルに変換し、今から回避するべき大型トラックのサイズを正確に計測したり、ロボットが予定された形状に基づいてランダムな物体を適切に拾う方法を予測したりできるようになります。
    凄まじい処理能力が監視社会を加速させるかも?

    またDIB-Rは、瞬時に生成される3Dモデルが視界の中を移動する人物の画像照合を容易にするため、人物の識別と追跡を行う監視カメラの性能を向上させることもできそうです。

    新しい技術はクールなものですが、この場合は監視社会を加速させる可能性を秘めた、恐ろしい面も持ち合わせているということは知っておきましょう。

    Source: NVIDIA, NeurIPS | 2019,GitHub
    https://blogs.nvidia.com/blog/2019/12/09/neurips-research-3d/
    https://nips.cc/
    https://nv-tlabs.github.io/DIB-R/files/diff_shader.pdf


    【NVIDIA、2D画像から3Dモデルを作るAIを開発】の続きを読む

    このページのトップヘ