スマートデバイスニュース

スマートデバイスニュースはIT・家電等の電子機器まとめサイトです。
豊富な情報を毎日更新しています。

    カテゴリ: AMD



    1 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2020/01/29(水) 19:56:51 ID:S7dJI5Rc0NIKU.net

    AMD 

    ryzen 3200G 13000円
    マザー 7000円
    メモリ 8GB 5000円
    SSD 3000円
    電源 3000円
    ケース 3000円
    windows 15000円
    計 59000円

    INTEL
    pentium 7000円
    RX550 7000円
    マザー 9000円
    メモリ 8GB 5000円
    SSD 3000円
    電源 3000円
    ケース 3000円
    windows 15000円
    計 62000円


    【AMDとIntel製品どちらが自作向けか検証。結果はAMD製がコスパ・性能共に圧勝。】の続きを読む



    (出典 news-cdn.softpedia.com)



    1 ヨーロッパヤマネコ(秋田県) [ES] :2020/01/28(火) 19:51:54.27


    「Radeon Software Adrenalin 2020 Edition 20.1.4」が登場。「Warcraft III: Reforged」への最適化版
    https://www.4gamer.net/games/022/G002212/20200128067/


    【AMD「Radeon Adrenalin Software 2020 Edition 20.1.4」をリリース。性能は最大11%向上。】の続きを読む



    (出典 digi-station.com)



    1 首都圏の虎 ★ :2020/01/22(水) 21:12:31 ID:x6pine8l9.net

    消費増税後も販売台数と販売金額がともに好調なノートPC市場で異変が起きている。それまで販売台数で圧倒的なシェアを誇っていたインテル製CPUの「Core」搭載ノートPCが、AMD製CPUの「Ryzen」搭載ノートPCにシェアを奪われているのだ。全国の主要家電量販店・ネットショップのPOSデータを集計した「BCNランキング」によると、12月23日週の週次データでRyzen搭載ノートPCのシェアが24.3%、Core搭載ノートPCが75.4%となった。ノートPCの4台に1台がRyzen搭載モデルになっている。



     まずは2019年(1~12月)のノートPC市場を振り返ってみよう。BCNランキングの販売台数と販売金額の前年比推移は、いずれも好調だった。特に、19年10月1日の消費税率10%導入直前の駆け込み需要がピークとなった9月は、販売台数で前年同月比190.4%、販売金額で205.7%と大幅な伸びを記録した。

     10月は駆け込み需要の反動減が発生して前年割れになったものの、その影響は1カ月でおさまった。翌11月からは再び前年比を上回り、12月は台数で126.5%、金額で124.9%と回復した。20年1月14日のWindows 7延長サポートの終了もあり、再び需要が回復した様子が分かる。

     そんな好調なノートPC市場の中で、元気がいいのがAMD製「Ryzen」搭載ノートPCだ。搭載CPUメーカー別の販売台数シェア(週次)をみると、1年前の19年1月7日週はインテルが98.8%と圧倒していた。一方のAMDはわずか1.2%だ。ノートPC搭載のCPUで長年この状況は変わらず、ずっとインテルが市場をほぼ独占する形で制圧していた。


    ●NECがノートPCで「Ryzen」搭載
     変化が起きたのは2月。NECがノートPCの春モデルでRyzenを採用したことが引き金となり、状況が一変した。その後も販売台数シェアでAMDが年間を通じてじりじりとインテルを追い上げ、ついに12月23日週には24.3%まで追い詰めるという快進撃だった。

     11月25日週にはAMDが25.4%、インテルが74.4%を記録。ノートPCの4台に1台がRyzen搭載ノートPCという、1年前には考えられなかった衝撃的な結果となった。

     Ryzen搭載ノートPCがユーザーから支持された背景には、CPUの性能などハード面での評価もあるが、価格が安いことも大きい。2月にNECがRyzen搭載モデルを発売したことで平均単価が高騰したものの、それでも年間を通じてインテルよりも下回る価格帯で推移していることがわかる。

     12月23日週のRyzen搭載ノートPCの平均単価が10万8000円であるのに対して、Core搭載ノートPCは12万5000円。Ryzenモデルの方が1万7000円安いのだ。
    ●平均単価が上がるインテルと下がるAMD
     ベンチマークで比較対象となる「Core i7」搭載ノートPCと「Ryzen 7」搭載ノートPCの平均単価推移を比べると、さらに変化は顕著になる。19年1月のスタート時点で両社の平均単価はほぼ同じだったのが、その後インテルは上昇する一方でAMDは下がり、両社の価格差は開く一方になった。


     12月23日週のCore i7搭載ノートPCの平均単価は14万9000円だったのに対し、Ryzen 7搭載ノートPCは12万1000円。差額は実に2万8000円にも上る。ユーザーにとって無視できない価格差だ。

     インテルは年間を通じてCPUの供給不足に悩まされたが、その影響が平均単価の価格戦略にも表れているといえそうだ。消費増税10%とWindows 7の延長サポート終了という二つの駆け込み需要に対して、インテルのような硬直的で上昇するばかりの平均単価では打ち手も限られてくるだろう。

     これに対してAMDはRyzenの供給面に大きな問題も生じず、新たにNECがノートPCで採用したり、柔軟な価格戦略が取りやすかったのだろう。ライバルよりアドバンテージの多かったことが、販売台数シェアにも有利に働いた。

     現在、各社からノートPCの春モデルが発表されているが、新生活を迎える今年の春商戦は平均単価で安いRyzen搭載ノートPCを、選択肢の一つに入れるユーザーが増えそうだ。(BCN・細田 立圭志)

    1/21(火) 19:30配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200121-00154692-bcn-sci

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    ★1 2020/01/22(水) 17:24:52.52
    前スレ
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1579681492/


    【ノートPC市場でAMDが増進。intelのCPUシェアを着手と奪う。Ryzen搭載ノートPCは24.3%に。】の続きを読む



    1 風吹けば名無し :2020/01/11(土) 12:06:09.45 ID:8A6qHj3E0.net

    IntelのエンジニアがTwitterで
    「PCI Express 4.0対応の第2世代Optane SSD」が試験中の段階だと明かしました。この知らせについて、テクノロジー系メディアのTechspotは
    「唯一の問題はPCIe 4.0に対応したIntel製CPUが存在しないこと」だと指摘し、「AMDがPCIe 4.0対応CPUを貸してくれるでしょうね」と皮肉っています。


    【Intel「PCIe 4.0対応SSDはすでに試験段階、ただし試験にAMDのCPUが必要」】の続きを読む



    【ノートパソコン向けryzen、デスクトップ用のcore i7にベンチマークで勝利】の続きを読む

    このページのトップヘ