スマートデバイスニュース

スマートデバイスニュースはIT・家電等の電子機器まとめサイトです。
豊富な情報を毎日更新しています。

    カテゴリ: Intel



    1 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2020/01/29(水) 19:56:51 ID:S7dJI5Rc0NIKU.net

    AMD 

    ryzen 3200G 13000円
    マザー 7000円
    メモリ 8GB 5000円
    SSD 3000円
    電源 3000円
    ケース 3000円
    windows 15000円
    計 59000円

    INTEL
    pentium 7000円
    RX550 7000円
    マザー 9000円
    メモリ 8GB 5000円
    SSD 3000円
    電源 3000円
    ケース 3000円
    windows 15000円
    計 62000円


    【AMDとIntel製品どちらが自作向けか検証。結果はAMD製がコスパ・性能共に圧勝。】の続きを読む



    (出典 zdnet4.cbsistatic.com)



    1 風吹けば名無し :2020/01/28(火) 12:52:33 ID:iByl4YA1d.net

    Intel製CPUの新たな脆弱性「L1Dエビクションサンプリング」を利用してデータを引き出す攻撃「CacheOut」が報告される


    L1Dエビクションサンプリングの影響を受ける可能性があるCPUの一覧は以下。
    なお、Intel TSXに類似した機能を持たないAMDのCPUはL1Dエビクションサンプリングの影響を受けないとのこと。
    https://gigazine.net/news/20200128-l1d-eviction-sampling-cacheout/


    【Intel製CPUの新たな脆弱性「L1Dエビクションサンプリング」を利用してデータを引き出す攻撃「CacheOut」が報告される】の続きを読む



    (出典 tk.ismcdn.jp)



    1 ムヒタ ★ :2020/01/24(金) 09:00:18 ID:CAP_USER.net

    【シリコンバレー=佐藤浩実】米インテルは23日、2019年10~12月期の純利益が前年同期比33%増の69億500万ドル(約7560億円)だったと発表した。増益は4四半期ぶりで、19年前半に停滞していたデータセンター向け半導体の需要回復が鮮明になった。売上高は同8%増の202億900万ドル。インテルの株価は時間外取引で一時7%超上昇した。

    19年10~12月期のデータセンター部門の売上高は19%増の72億1300万ドルだった。クラウドサービス事業者向けが48%増加。「(クラウド各社による)能力増強が続いている」(ジョージ・デイビス最高財務責任者=CFO)という。人工知能(AI)演算に使う高価格帯の製品の販売構成比が高まっており、数量ベースで12%増、平均単価も5%上昇した。

    一方で、パソコン向けCPUを中心とする部門の売上高は前年同期比2%増の100億1000万ドルだった。米調査会社IDCによるとパソコンの世界出荷台数は10~12月期に同5%増えたが、インテルは生産能力の制約が足かせとなり、十分な量を供給しきれなかった。

    19年12月期通期の売上高は前の期比2%増の719億6500万ドルと過去最高を更新した。AI半導体などは競争が激しくなっているが、ボブ・スワン最高経営責任者(CEO)は「市場でシェアを拡大している」と強調した。インテルは20年12月期通期について、前期よりもさらに2%多い735億ドルの売上高を予想。回路線幅が10ナノ(ナノは10億分の1)メートルの先端品の出荷が増えるとみている。
    2020/1/24 6:56 (2020/1/24 8:18更新)
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO54780970U0A120C2000000/


    【intel、2019年10月~12月期の純利益が前年同期比22%増と発表。データセンター向け半導体の需要回復が鮮明に。】の続きを読む



    (出典 japan.zdnet.com)



    1 Socket774 :2018/10/13(土) 12:15:30.68 ID:a32k8yYf.net

    IntelがPrincipled Techongiesにi9 vs Ryzenのゲームベンチマーク依頼する

    PTが結果を公表
    https://www.principledtechnologies.com/Intel/PC_gaming_processor_study_interim_1018.pdf

    内容をよく見ると、Intelのメモリは最適化するものの、AMDのはXMPをオンにしていない

    さらに、スリッパ以外にはオススメしないGame ModeをONにしてる

    結果的にAMDのパフォーマンスがかなり低く見える

    Hardware UnboxedやGamer Nexusが遺憾の意を表する

    ソース
    https://www.forbes.com/sites/jasonevangelho/2018/10/09/intels-i9-9900k-vs-ryzen-2700x-gaming-benchmarks-are-misleading-period/


    【intel、ベンチマークスコアで不正行為か。他社CPUは最適化せずパフォーマンスがかなり低く見える結果に。】の続きを読む



    1 風吹けば名無し :2020/01/09(木) 13:08:34.23 ID:onaTlqJ+0.net

    Core i3 9100F @Sto* vs Core i7 2600K @OC | PC Gaming Benchmark in 1080p 1440p
    https://Youtu.be/hRf0C01MJQY

    System Specs :
    Operating System : Windows 10 Pro 64 Bit
    CPU 1 : Intel Core i3-9100F @Sto* (Asro* Z390 Taichi Ultimate)
    CPU 2 : Intel Core i7-2600K OC @4.7GHz (Gigabyte G1.Sniper 3)
    GPU : MSI Gaming X TRIO RTX 2080 SUPER 8GB @Sto*
    CPU Cooler : Corsair H100i RGB Platinum 240mm AIO Liquid Cooler
    PSU : Cooler Master V1000 SMPS
    RAM 1 : Corsair Vengeance RGB Pro Series 2*8GB DDR4 3000MHz
    RAM 2 : Corsair Vengeance 2*8GB DDR3 2133MHz


    【4.7GHzまでオーバークロックしたCore i7 2600K、第9世代のCore i3に完敗】の続きを読む

    このページのトップヘ