スマートデバイスニュース

スマートデバイスニュースはIT・家電等の電子機器まとめサイトです。
豊富な情報を毎日更新しています。

    カテゴリ: スマートフォン



    1 ばーど ★ :2020/01/31(金) 13:56:33 ID:hvttRO4T9.net

    去年1年間の世界のスマートフォンの出荷台数は、中国での買い控えが続いたことなどから前の年と比べて2%余り減少しました。メーカー別では、韓国のサムスン電子が首位を守りましたが、中国のファーウェイがアメリカのアップルを抜いて世界シェア2位に浮上しました。

    アメリカの調査会社IDCによりますと、去年1年間に世界で出荷されたスマートフォンの台数は合わせて13億7100万台で、前の年に比べて2%余り減りました。

    これは、最大の市場である中国で、消費者が、次世代の通信規格5Gに対応した機種の価格が下がるまで買い替えを控えていることなどが要因だということです。

    メーカー別のシェアをみますと、
    ▽韓国のサムスン電子が21.6%で首位を守りましたが、
    ▽中国のファーウェイが17.6%で2位、
    ▽アメリカのアップルが13.9%で3位となり、2位と3位が入れ代わりました。

    さらに
    ▽中国のシャオミが9.2%で4位、
    ▽中国のOPPOが8.3%で5位でした。

    IDCは去年、ことしの世界の出荷台数について、5G対応機種の普及によって増加に転じるという見通しを示しましたが、今回は、中国での新型のコロナウイルスの感染拡大が各社の部品の供給網に影響を与える可能性があり、リスク要因になると指摘しています。

    2020年1月31日 13時16分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200131/k10012267131000.html?utm_int=news-ranking_social_list-items_010

    (出典 www3.nhk.or.jp)


    【2019年のスマホ出荷台数、HuaweiがAppleを抜き世界2位に。首位はサムスン。】の続きを読む



    1 みつを ★ :2020/01/22(水) 02:21:32 ID:SDFhqrkf9.net

    https://japanese.engadget.com/jp-2020-01-20-cellebrite.html?3


    スコットランド警察、スマートフォンロック解除ツールの動画を公開。「スマホを迅速に返却するため」
    アップルストアも愛用していたという噂も

    Kiyoshi Tane
    13時間前 in security
    2020/01/21


    疑者のiPhoneロック解除を求めているさなか、スコットランド警察がスマートフォンロック解除ツールの動作を解説するビデオを公開しました。

    このビデオでは警官がツールを使ってスマートフォンからテキストメッセージや写真、カレンダーなどにアクセスしている作業が収録されるとともに、捜査を受ける市民にとってのメリットも主張されています。このロック解除ツールはイスラエルのフォレンジック(法執行機関向けにデバイスのデータ抽出サービスを提供)企業Cellebriteが開発した製品です。同社は「いっき」などで知られるサン電子の子会社であり、同様のデバイスは世界の捜査機関や米国の法執行機関で使用されています。

    スコットランド警察は本ツールの使用で、警官がスマートフォンに事件関連の証拠が含まれているかどうかを迅速に判断できるようになり、そのために調査に関係のないデバイスを迅速に返却できると述べています。
    (リンク先に続きあり)

    動画

    (出典 Youtube)


    【スコットランド警察、スマートフォンロック解除ツールの動画を公開。解除ツールはイスラエル企業が開発。】の続きを読む



    1 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん :2020/01/29(水) 18:52:35 ID:CAP_USER.net


    (出典 i.imgur.com)


    韓国のサムスン電子が来月11日に米サンフランシスコで発表する予定のクラムシェル(縦開き)デザインの新型スマートフォン(スマホ)「ギャラクシーZフリップ」のデザインや仕様などを、ドイツのITメディア「WinFuture」が報じた。6.7インチで、22対9の画面比のフォルダブル(折り畳み)有機ELディスプレーを搭載。折り畳み部分のヒンジが改善されて70度から110度の角度での固定が可能で、折り畳み時は1.06インチの小さな画面で時間などを確認できるという。ギャラクシーZフリップの公式イメージと推定される写真(WinFutureより)=(聯合ニュース)

    https://m-jp.yna.co.kr/image/photo-view?type=today#1
    聯合ニュース 2020.01.29 11:25


    【Samsungが発表予定の縦開きスマホ「Galaxy Z Flip」の詳細がリーク。折り畳み時は1.06インチの小さな画面で時間などの確認が可能に。】の続きを読む



    (出典 www.s-housing.jp)



    1 サーバル ★ :2020/01/17(金) 19:16:13 ID:0OxU8McS9.net

    「高齢者に丁寧な説明を」 格安スマホで業界団体に注意喚起
    2020年1月16日 17時02分
    社会

    「高齢者に丁寧な説明を」 格安スマホで業界団体に注意喚起
    国民生活センターは「格安スマホ」をめぐる相談が、毎年2000件を超えていて、高齢者からの相談が増えていることから、利用者にサービス内容をよく理解して契約するよう呼びかけるとともに、業界団体に対してより一層の丁寧な説明を要望しました。


    国民生活センターによりますと、格安スマホをめぐって全国の消費生活センターなどに寄せられた相談は、平成29年度以降、毎年2000件を超えていて、このうち60歳以上の割合が年々増え、今年度は35%を超えているということです。

    具体的には、無料通話には専用のアプリを使う必要があることを知らなかったため、高額な請求を受けたといった相談や、使い方を問い合わせたいのに店舗でサポートが受けられないなどの相談が寄せられているということです。

    国民生活センターでは、格安スマホを利用する際にはサービス内容をよく理解したうえで、契約するよう注意を呼びかけているほか、業界団体に対しても高齢者を中心に丁寧な説明と可能なかぎりのサポートをするよう要望しています。

    国民生活センター相談情報部の福井晶喜課長は「契約者数が増えているので、消費者が安心して使用できるよう業界全体で苦情の減少に取り組んでほしい」と話しています。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200116/amp/k10012247961000.html

    ★1 :2020/01/17(金) 14:17:40.69

    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1579238260/


    【国民生活センター、格安スマホで業界団体に注意喚起。高齢者からの相談が急増、業界団体に一層の丁寧な説明を求める。】の続きを読む



    1 田杉山脈 ★ :2020/01/21(火) 20:16:54 ID:CAP_USER.net

    TAKUMI JAPANが1月21日、2020年に展開するサービスや新製品について発表した。

     新製品の注目は、1月21日に発売した大容量のデータ通信向けSIM「KAZUNA 神SIM」だ。MVNOではなくソフトバンク回線を使ったデータ通信を利用できるのが特徴。プランは毎月100GBまでのデータ通信ができる「100GBプラン」と、使い放題の「UNLIMITEDプラン」を用意している。なお、SMSや音声通話には対応していない。

    月額料金はいずれも初月3000円(税別、以下同)。2カ月目以降の料金は、100GBプランが3980円、無制限プランが4980円だが、“会員”になると100GBプランが990円引きで2990円に、UNLIMITEDプランが1500円引きで3480円に割り引かれる。会員になるには、神SIMのTwitterアカウント「@Kamisim_Kazuna」をフォローするだけでよい。フォローすると専用のURLが送付され、そこから申し込めば、割り引きされた料金で契約ができる。

     13カ月目までは「最低利用期間」となっており、期間内に解約をすると、100GBプランは9500円、UNLIMITEDプランは4980円×残月数の解約手数料が掛かる。

     神SIMに、スマートフォン「Bla* Shark2」や、翻訳デバイス「KAZUNA eTalk5」をセットにした販売も同日に開始する。Bla* Shark2はメモリ12GB+ストレージ256GBと、メモリ6GB+ストレージ128GBの両モデルが対象。端末代金は分割払いとなる他、セット割として毎月1500円または990円の割り引きを受けられる。端末セットは25カ月までが最低利用期間に設定されており、期間内に解約すると、月額料金×残月数の解約手数料が発生する。

     この神SIMを搭載したモバイルWi-Fiルーター「神SIMルーター」も、2020年春~夏にかけて発売する。海外でのデータ通信にも対応しており、設定変更不要で100カ国以上で利用できるという。

    神SIMは、ソフトバンクのSIMを再販する形を採用。UNLIMITEDプランは基本的に使い放題だが、キャリア側の設備に著しい支障を及ぼす、またはその恐れがある行為が確認できた場合、通信を制限する場合がある。

     代表取締役の増田薫氏は、Bla* Shark2の取り扱いをきっかけに、スマホでゲームをする機会が増えたが、外出先ですることが多いため、「通信料金がとんでもないことになった」という。YouTubeなどの動画視聴やネットゲームなどを、MNO品質の快適なスピードで楽しんでほしいと同氏はアピールする。

    (出典 image.itmedia.co.jp)

    https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2001/21/news131.html


    【TAKUMI JAPAN、データ通信し放題の「UNLIMITEDプラン」発表。Twitterをフォローすると1500円引きで3480円に。】の続きを読む

    このページのトップヘ