スマートデバイスニュース

スマートデバイスニュースはIT・家電等の電子機器まとめサイトです。
豊富な情報を毎日更新しています。

    カテゴリ:Apple > ipad


    iPhone(アイフォーン)は、アップル製のスマートフォンである。 オリジナルモデルは2007年1月に、現最新モデルであるiPhone 11・iPhone 11 Pro・iPhone 11 Pro Maxは現地時間2019年9月10日に発表された。 2007年1月9日に開催されたアップル製品の展示会のひとつ、Macworld
    174キロバイト (20,651 語) - 2019年12月14日 (土) 11:56



    1 :2019/12/22(日) 13:50:45.34 ID:WffG7KqN0.net BE:609257736-2BP(5000)


    (出典 img.5ch.net)

    JPCERTコーディネーションセンター(Japan Computer Emergency Response Team Coordination Center:JPCERT/CC)は12月20日、
    「Japan Vulnerability Notes(JVN)」に掲載した記事「JVNVU#95417700: 複数の Apple 製品に解放済みメモリ使用 (use-after-free) の脆弱性」において、
    Appleプロダクトの脆弱性について伝えた。この脆弱性は、ファームウェアのアップデートなどで修正することはできないとされており、
    対策としては、脆弱性の存在しない製品へ移行することが推奨されている。

    プロセッサチップA5からA11を搭載する次のプロダクトが、この脆弱性の影響を受けるとされている。

    iPhones 4sからiPhone Xまで

    iPad 第2世代から第7世代まで

    iPad Mini 第2世代および第3世代

    iPad AirおよびiPad Air 2

    iPad Pro 10.5インチおよび12.9インチ第2世代

    Apple Watch Series 1からSeries 3まで

    Apple TV 第3世代および4k

    iPod Touch 第5世代から第7世代

    JVNVU#95417700: 複数の Apple 製品に解放済みメモリ使用 (use-after-free) の脆弱性


    上記のプロダクト以外であっても、脆弱性を抱えるプロセッサを使っている製品は影響を受けるとされており注意が必要。
    A12以降のプロセッサチップを使用しているiPhone X、iPhone XR、iPhone 11シリーズ、iPad Pro 12.9インチ第3世代は、この脆弱性の影響を受けないという。

    この脆弱性を悪用された場合、プロダクトに物理的にアクセス可能な第三者によって任意のコードが実行されるおそれがある。
    この脆弱性は読み取り専用のSecureROMにあるためファームウェアのアップデートといった手段で対策することができず、
    JPCERT/CCは脆弱性を含まないプロダクトへ移行することを推奨している。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17563095/


    【iPhoneやiPadに解放済みメモリ使用の脆弱性が見つかる。対策は脆弱性の存在しない製品へ買い替え。】の続きを読む



    【3Dスキャン可能なiPad Pro、2020年前半登場か】の続きを読む



    【Apple、ひん曲がった新iPad Proを出荷。“仕様”で交換不可。】の続きを読む



    【新『iPad Pro』発表。USB-C仕様でホームボタン廃止。FaceID搭載で値段は〜19万4800円。】の続きを読む



    【【タブレット脱却へ】iPad、「ノートパソコン化」鮮明に 独自OSで変貌...価格面でも攻勢】の続きを読む

    このページのトップヘ