スマートデバイスニュース

スマートデバイスニュースはIT・家電等の電子機器まとめサイトです。
豊富な情報を毎日更新しています。

    カテゴリ: Apple



    (出典 i.ytimg.com)



    1 風吹けば名無し :2020/01/31(金) 11:09:09 ID:TbdO4Ogg0.net

     フランスの情報サイト「iPhonesoft」は、Appleの次期モバイルOS「iOS 14」では現行のiOS13のサポート機種がそのまま継続されると伝えています。情報源はAppleのエンジニアで、マップアプリを開発している人物。

     それによるとiOS 14のサポート対象は以下のとおり。そのままですね。

    iPhone 11 Pro Max
    iPhone 11 Pro
    iPhone XR
    iPhone XS max
    iPhone XS
    iPhone X
    iPhone 8 Plus
    iPhone 8
    iPhone 7 Plus
    iPhone 7
    iPhone 6s Plus
    iPhone 6s
    iPhone SE

    https://smhn.info/202001-ios-14-rumors


    【Appleの次期モバイルOS「ios14」のサポート機種がリーク。現行のios13機種は全て対応に。】の続きを読む



    (出典 assets.media-platform.com)



    1 風吹けば名無し :2020/01/30(Thu) 17:53:18 ID:iOFtArZa0.net

    先月、Kuo氏は2021年の早い時期に「iPhone SE2 Plus」がリリースされ、顔認証のFace IDは搭載されず、Touch IDは側面の電源ボタンに統合されると予測しています。
    そしてフルスクリーンデザイン(前面にホームボタンがない設計)を採用して画面サイズは5.5インチないし6.1インチとなり、さらにFace IDがない(つまりTrueDepthカメラがない)ため、画面上部のノッチ領域は小さくなるとも述べていました。

    https://japanese.engadget.com/jp-2020-01-29-2021-iphone-se2-plus-touch-id.html


    【Apple、「iPhone SE2 Plus」を発売か。著名アナリストが予測。】の続きを読む



    (出典 assets.media-platform.com)



    1 ムヒタ ★ :2020/01/30(木) 08:50:04.51 ID:CAP_USER.net

     著名なAppleアナリストであるMing-Chi Kuo氏の最新予測によると、Appleが新しい「iPhone」、「iPad Pro」、「MacBook Pro」または「MacBook Air」(あるいはその両方)の新型モデルを2020年上半期にリリースする予定だという。またKuo氏の予測では、ハイエンドのBluetoothヘッドホン、より小型のワイヤレス充電マット、そしてかなり以前からうわさになっているウルトラワイドバンド(UWB)を利用したトラッキングタグもリリースされるとMacRumorsが伝えている。

     Kuo氏の予測は、うわさされるAppleの製品リリースに関する他の報道とほぼ一致している。そのうち、新しいiPhoneは「iPhone 8」に似た外観の低価格版で、4.7インチの液晶画面と「TouchID」ホームボタンを備えつつ、より高速な「A13」チップと3GBのRAMを搭載すると、Kuo氏は予測している。また、iPad Proの新型モデルは、AR(拡張現実)製品向けに3D認識をサポートするトリプルレンズカメラを背面に搭載し、Kuo氏によると、3月にも発表される見込みだという。

     いっぽう、MacBookについては、新モデルがリリースされるのが、MacBook Proなのか、MacBook Airなのか、あるいは両方なのかはKuo氏の予測メモでははっきりしていない。これに関し、米CNETを含む他の報道機関はこれまで、MacBook Proがリリースされると報じてきた。またBluetoothヘッドホンや充電マットについても、Kuo氏から新たな詳細情報は出ていない。
    2020年01月30日 08時00分
    https://japan.cnet.com/article/35148671/


    【Apple、2020年前半に低価格版「iPhone」や新型「iPad」「Macbook Pro」を発売か】の続きを読む



    (出典 mobilelaby.net)



    1 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2020/01/30(Thu) 12:21:32 ID:ViOcXx/QM.net

    https://iphone-mania.jp/news-272816/


    米メディアMacRumorsが入手した、クオ氏が投資家向けに配布した調査メモには、
    「Appleが2020年上半期に発表する主要ハードウェアには、4.7インチ液晶iPhone、iPad Pro、MacBook Pro/Air、小型のワイヤレス充電マット、超広帯域(UWB)タグ、ハイエンドBluetoothヘッドフォンが含まれる」
    と記されていました。


    【Apple、小型ワイヤレス充電マットを発売か。投資家向けメモからリーク。】の続きを読む



    1 ムヒタ ★ :2020/01/23(Thu) 06:13:31 ID:CAP_USER.net

    【シリコンバレー=白石武志】米ブルームバーグ通信は21日、米アップルが価格を抑えた「iPhone」の新機種を3月に発表すると報じた。新機種の価格は明らかではないが、米メディアの報道ではアップルが2016年に発売した「SE」(米国での価格は399ドルから)と同水準になると見込まれている。

    ブルームバーグによると、アップルの生産委託先である台湾の鴻海(鴻海)精密工業などは20年2月にも廉価版iPhoneの量産を始めるという。画面の大きさは17年に発売した4.7インチの「8」シリーズとほぼ同じとなる見込み。安価な液晶パネルを使うことで価格を抑えると見込まれている。

    アップルは現在、主力のiPhoneについて米国では最新の「11」シリーズのほか、旧機種の「XR」や「8」シリーズを品ぞろえしている。ただ、最も安い「8」シリーズでも価格は449ドルからとなっており、400ドル未満の機種を品ぞろえする韓国・サムスン電子にシェアで押されていた。

    アップルはiPhoneの将来の商品計画についてコメントしていない。だが、低価格帯のスマホ市場での巻き返しに向け、同社が20年春の発売を目指し「SE」以来4年ぶりとなる廉価版iPhoneの準備を進めていると繰り返し報じられていた。
    2020/1/23 5:46
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO54729990T20C20A1000000/


    【Apple、廉価版iPhoneを3月発表か。米メディアが報道。画面はiPhone8と同等で価格は「iPhoneSE」と同水準か。】の続きを読む

    このページのトップヘ