(出典 www.tv-tokyo.co.jp)



1 風吹けば名無し :2020/01/21(火) 17:53:22.31 ID:JKp/P6JJ0.net

NTT東日本は21日、ゲームの対戦競技「eスポーツ」の新会社を設立すると発表した。地域限定の高速通信規格「ローカル5G」など、大会の運営に必要な高速・大容量の通信環境を提供する。
各地の自治体と組んで大会の企画や誘致をするほか、高校での選手の育成支援も手掛け、2024年度に40億円の売り上げを目指す。

NTTe-Sports(東京・新宿)を31日付で設立する。資本金は3億円で、NTT東やNTT西日本などNTTグループでは計4社が出資する。
グループ外からは映像配信のスカパーJSAT(東京・港)やアミューズメント施設運営のタイトー(東京・新宿)が資本参加する。詳細な出資比率は非公表だが、NTT東が5割超を出資して子会社とする。

新会社の社長はNTT東の渋谷直樹副社長が兼任する。都内で21日に開いた記者会見で渋谷氏は「eスポーツというイベントの広がりを通信環境の提供で下支えしていきたい」と話した。
eスポーツの普及拠点も各地に設ける。まず7月に東京都千代田区の複合ビル「秋葉原UDX」内にイベント施設を開く。
このほかNTTグループが全国に持つ電話局などを大会や練習の会場として活用することも検討する。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO54649250R20C20A1916M00/