スマートデバイスニュース

スマートデバイスニュースはIT・家電等の電子機器まとめサイトです。
豊富な情報を毎日更新しています。



    (出典 i.ytimg.com)



    1 風吹けば名無し :2020/01/31(金) 11:09:09 ID:TbdO4Ogg0.net

     フランスの情報サイト「iPhonesoft」は、Appleの次期モバイルOS「iOS 14」では現行のiOS13のサポート機種がそのまま継続されると伝えています。情報源はAppleのエンジニアで、マップアプリを開発している人物。

     それによるとiOS 14のサポート対象は以下のとおり。そのままですね。

    iPhone 11 Pro Max
    iPhone 11 Pro
    iPhone XR
    iPhone XS max
    iPhone XS
    iPhone X
    iPhone 8 Plus
    iPhone 8
    iPhone 7 Plus
    iPhone 7
    iPhone 6s Plus
    iPhone 6s
    iPhone SE

    https://smhn.info/202001-ios-14-rumors


    【Appleの次期モバイルOS「ios14」のサポート機種がリーク。現行のios13機種は全て対応に。】の続きを読む



    (出典 get.pxhere.com)



    1 田杉山脈 ★ :2020/01/31(金) 21:57:01 ID:CAP_USER.net

    国税庁は1月31日、マイナンバーカード(NFC-B)の読み取りが可能なスマートフォンを利用した確定申告の電子申請に対応した。以前からアナウンスされていた機能が、予告どおり本日から利用可能になっている。

    従来はスマホでは、確定申告用の「利用者識別番号」と税務署から発行されるIDとパスワードを使うことで申請が可能だったが、今年からは利用者識別番号とマイナンバーカードで利用可能になる。なおPCについては従来同様、Windows、macOSともNFCリーダーを利用することで電子申請が可能だ。もちろん、スマートフォン、PCともウェブ上で書類を作成・出力して郵送することもできる。確定申告の電子申請に対応した端末は国税庁のウェブサイトで配布されているPDFで確認できる。iPhoneは、iPhone 7から最新のiPhone 11シリーズまでが対象で、iPhone 6以前やiPhone SEは動作対象外。またタブレット端末についても動作対象外となる。

    マイナンバーカードの読み込みが可能なiPhoneやAndroid端末で確定申告用のウェブブラウザーを起動すると、マイナポータルへのログイン認証に利用する「マイナポータルAP」、確定申告の電子申請に利用する「e-Taxアプリ」のダウンロードが促されるので、まずはこれらをダウンロードしておく。マイナポータルとは、マイナンバー関連の情報を集めた内閣府のポータルサイトで、法人設立のためのワンストップサービスや就労証明書の作成ちいったサービスも提供している。

    あとは画面に指示に従って作業を進めると、マイナポータルAPが起動する。ここでマイナンバーカード発行時に各自で設定した4ケタの「利用者証明電子証明書」を入力後、マイナンバーカードの情報の読み取り画面に切り替わる。

    カードの読み取りが完了すると再度Safariに切り替わり、マイナポータルのサイトが表示されるはずだ。ただし、このサイトはスマートフォンに最適化されておらず、操作するには画面を大幅にスクロールされる必要がある。また、マイナポータルAPアプリにマイナンバーカードを読み取らせる作業は、マイナポータルへのログイン認証、マイナンバーカードに記録されている氏名や住所などの読み取り、マイナポータルとのアカウント連携の計3回が必要など、使い勝手には改善の余地が相当ある。
    粘り強く作業を続けると各種認証が済んで確定申告を始められるようになる。令和元年分の確定申告の受付期間は2月17日~3月16日だが、2月14日以前でも還付申告書は提出可能だ。個人事業主や副業を持っている人だけでなく、会社員などで年末調整を済ませているビジネスパーソンでも、住宅ローンを組んだ1年目や家庭の医療費が10万円を超えた場合などは確定申告によって還付金が戻ってくる。
    せっかくなので、スマートフォンだけですべてが完結する確定申告の電子申請に今年はチャレンジしてみるのもいいのではないか。しかし、各種番号やパスワードを忘れてしまった、そもそもマイナンバーカードを持っていないといった場合は、素直にスマーフォンより画面の大きなPCで申告書を作成し、プリントアウトして郵送するのがお勧めだ。
    https://jp.techcrunch.com/2020/01/31/first-year-of-reiwa-tax-return/


    【国税庁、スマートフォンを利用した確定申告の電子申請に対応】の続きを読む



    1 ムヒタ ★ :2020/01/29(水) 11:57:38 ID:CAP_USER.net

    中国湖北省の武漢で発生したとみられる新型コロナウイルスの感染はますます拡大しており、中国国内では2020年1月28日時点で100人以上の死者が報告されています。中国政府が新型コロナウイルスの流行を受けて、中国国内にある工場を一時閉鎖するよう命令したと報じられており、FoxconnやSamsungなどの製品の生産がストップするとみられています。

    China Closes Foxconn, Johnson & Johnson, And Samsung Factories Amid Virus Outbreak | Zero Hedge
    https://www.zerohedge.com/markets/china-closes-foxconn-johnson-johnson-and-samsung-factories-amid-virus-outbreak

    上海では、記事作成時点で66人が新型コロナウイルスに感染していると確認されています。経済ニュースメディアのZero Hedgeは、iPhoneやNintendo Switchの生産を請け負うFoxconnやSamsungの工場が集中する蘇州で、政府の命令によって工場が1~2週間にわたって閉鎖されたと報じています。Zero Hedgeは「工場の閉鎖は電子機器の価格へ影響を及ぼす可能性があることはいうまでもなく、ハイテク企業の株価に大きな影響が出る可能性もあります」と述べています。

    また、新型コロナウイルス流行の中心地となっている武漢には、中国最大の半導体メーカーである長江存儲科技(長江メモリー・テクノロジーズ)や武漢新芯集成電路(XMC)があり、中国政府主導でNAND型フラッシュメモリの量産計画が進められています。しかし、新型コロナウイルスの影響で武漢が閉鎖されてしまったため、この量産計画の進行にも支障が出ると考えられます。

    しかし、技術系メディアのThe Vergeによると、Foxconnは「新型コロナウイルスの発生によって製造のスケジュールを調整したり工場を閉鎖したりしない」と声明を発表したとのこと。

    iPhone maker Foxconn says coronavirus outbreak won’t affect production - The Verge
    https://www.theverge.com/2020/1/28/21112288/coronavirus-foxconn-apple-iphone-outbreak-production-manufacturing-schedule

    声明の中で、「Foxconnはコロナウイルスに関連する現在の公衆衛生上の課題を綿密に監視しており、影響を受けた市場における当社の全業務に、推奨されているすべての保健衛生慣行を適用しています。国内すべての企業が通常の営業時間に戻るまで休日スケジュールに従います」と述べています。

    中国では、2020年1月24日から30日までの1週間が春節(旧正月)として休日となっています。工場は閉鎖されているものの、記事作成時点では従来のスケジュールでも休日となっていることから、製造業務に支障はないというのがFoxconnの主張です。

    ただし、中国政府は新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、春節を2020年2月2日まで延長すると発表しています。ウイルス感染拡大の規模によっては、2月に入って春節が終わっても工場の稼働を再開できない可能性もありえます。

    なお、今回の新型コロナウイルスの流行はFoxconnやSamsungの業績にマイナスの影響を大きく与える可能性がありますが、一方で中国外に工場をもつMicronやWestern Digitalなどの半導体メーカーにはプラスに働く可能性があると、アナリストから指摘されています。
    2020年01月29日 10時55分
    https://gigazine.net/news/20200129-coronavirus-china-factory/


    【新型コロナウイルスの影響でFoxconnやSamsungの工場が閉鎖に】の続きを読む



    (出典 assets.media-platform.com)



    1 風吹けば名無し :2020/01/30(Thu) 17:53:18 ID:iOFtArZa0.net

    先月、Kuo氏は2021年の早い時期に「iPhone SE2 Plus」がリリースされ、顔認証のFace IDは搭載されず、Touch IDは側面の電源ボタンに統合されると予測しています。
    そしてフルスクリーンデザイン(前面にホームボタンがない設計)を採用して画面サイズは5.5インチないし6.1インチとなり、さらにFace IDがない(つまりTrueDepthカメラがない)ため、画面上部のノッチ領域は小さくなるとも述べていました。

    https://japanese.engadget.com/jp-2020-01-29-2021-iphone-se2-plus-touch-id.html


    【Apple、「iPhone SE2 Plus」を発売か。著名アナリストが予測。】の続きを読む



    (出典 assets.media-platform.com)



    1 ムヒタ ★ :2020/01/30(木) 08:50:04.51 ID:CAP_USER.net

     著名なAppleアナリストであるMing-Chi Kuo氏の最新予測によると、Appleが新しい「iPhone」、「iPad Pro」、「MacBook Pro」または「MacBook Air」(あるいはその両方)の新型モデルを2020年上半期にリリースする予定だという。またKuo氏の予測では、ハイエンドのBluetoothヘッドホン、より小型のワイヤレス充電マット、そしてかなり以前からうわさになっているウルトラワイドバンド(UWB)を利用したトラッキングタグもリリースされるとMacRumorsが伝えている。

     Kuo氏の予測は、うわさされるAppleの製品リリースに関する他の報道とほぼ一致している。そのうち、新しいiPhoneは「iPhone 8」に似た外観の低価格版で、4.7インチの液晶画面と「TouchID」ホームボタンを備えつつ、より高速な「A13」チップと3GBのRAMを搭載すると、Kuo氏は予測している。また、iPad Proの新型モデルは、AR(拡張現実)製品向けに3D認識をサポートするトリプルレンズカメラを背面に搭載し、Kuo氏によると、3月にも発表される見込みだという。

     いっぽう、MacBookについては、新モデルがリリースされるのが、MacBook Proなのか、MacBook Airなのか、あるいは両方なのかはKuo氏の予測メモでははっきりしていない。これに関し、米CNETを含む他の報道機関はこれまで、MacBook Proがリリースされると報じてきた。またBluetoothヘッドホンや充電マットについても、Kuo氏から新たな詳細情報は出ていない。
    2020年01月30日 08時00分
    https://japan.cnet.com/article/35148671/


    【Apple、2020年前半に低価格版「iPhone」や新型「iPad」「Macbook Pro」を発売か】の続きを読む

    このページのトップヘ